映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』トム・クルーズ主演のタイムループ型SFアクション超大作

映画情報


オール・ユー・ニード・イズ・キル
(原題:Edge of Tomorrow

Edge of Tomorrow poster.jpg
製作年:2014年(アメリカ) ジャンル:SF/アクション
上映時間:113分


スタッフ


監督:ダグ・リーマン
原作:桜坂洋(All You Need Is Kill)
脚本:クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース
音楽:ラミン・ジャヴァディ
撮影:ディオン・ビーブ
編集:ジェームズ・ハーバート


出演者


トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、and more…


【オール・ユー・ニード・イズ・キル】解説/あらすじ


桜坂洋の日本のライトノベルを原作に、『ボーン・アイデンティティ』などのダグ・リーマン監督で映画化したSFアクション大作。脚本には『ユージュアル・サスペクツ』のクリストファー・マッカリーなどが名を連ねる。近未来の地球を舞台に、一人の男がタイムループしながら成長し、地球を救うべく侵略を目論もうとするエイリアンと戦う姿を描く。主演は『オブリビオン』のトム・クルーズ。ヒロイン役を『LOOPER/ルーパー』のエミリー・ブラントが務める。


近未来。地球は宇宙からの謎の侵略者‘ギタイ’による攻撃にあい、滅亡の危機に瀕していた。もはや人類が持つ軍事力では歯がたたず、劣勢を強いられる中、軍の広報を担当していたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、上官から現地取材の任務を課せられるのだったが、これに背いたことにより二等兵に降格させられ最前線へと送り込まれることに。しかし、戦闘経験のないケイジは、無理やり送り込まれた戦地であっけなく命を落としてしまうのだった。と、次の瞬間、彼は出撃直前の場で目を覚ます。なんと彼はタイムループの世界に囚われ、死んでは生き返るということを繰り返すハメになるのだった。そうこうしているうちに徐々に戦闘スキルを身につけ、これから起こることを把握していったケイジは、英雄として祭り上げられるカリスマ的な女戦士リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)と出会い、“私を探して”と告げられる。再び目覚めたケイジは出撃前にリタと再会し、過酷な戦いの中に身を投じていくのだった。


【オール・ユー・ニード・イズ・キル】映画感想/レビュー


桜坂洋さんによる日本のライトノベルが原作らしいですが、読んだことありません。漫画版もあるらしいけれどそちらも未読です。
だから個人的に原作との比較はできないけれど、原作読んでなくても十分に楽しむことのできるSF超大作となっています。
トム・クルーズってどちらかと言わなくても大味な俳優さんだと思っているのですが、この人が出演を選ぶ映画は基本的にハズレがなく、出演作が多いにも関わらず厳選しているであろうところに好感持てます。


今回トム・クルーズが演じているのがケイジという役名のタイムループに囚われた人物だけれど、ケイジって名前は原作の通りみらいですけど、ニコラス・ケイジに対する皮肉かなんかかと思えます。
ニコラス・ケイジはトム・クルーズと違って、特にここ何年かはろくな映画に出てないように思います。あの人はなんであんなことになってしまったのか…。


『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の監督を務めるのは、『ボーン・アイデンティティ』などのジェイソン・ボーンシリーズなどで知られるダグ・リーマンですね。アクション映画は大得意とするところ。
そこに加えて、脚本に『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー賞脚本賞を受賞しているクリストファー・マッカリーが名を連ねています。
トム・クルーズのお気に入りの脚本家で、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』や『アウトロー』では監督と脚本を兼任していますね。


SFタイムループものとして秀逸


『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、単純なSFアクション超大作としての派手さも、是非劇場で観るべき!って思うくらい凄いのですが、『恋はデジャ・ブ』や『ミッション: 8ミニッツ』に代表されるようなタイムループもののSF映画としても秀逸。
トム・クルーズ扮するケイジが、死んでは地球滅亡前日に戻るってことを、凄くテンポよく描いています。
テンポがイイだけじゃなく、さほど複雑ってことでもなくて、説明を必要最低限に抑えながらも、観客にわかり易く伝えています。
ヒロイン役を務めるのが、アン・ハサウェイと並んで『プラダを着た悪魔』を観て以降すっかりお気に入りの女優さんと化したエミリー・ブラントですが、この人も過去『LOOPER/ルーパー』っていうタイムトラベル型の映画に出演していたりします。


エミリー・ブラントのケツアゴが際立つ役作り


エミリー・ブラントさん、元々ケツアゴではあるんですけど、本作ではそのケツアゴがより引き立ってしまうくらいに絞った役作りをしていて、女優魂を感じさせてくれます。
トムが失敗すると、“リセットよ。”って言ってすぐに拳銃ぶっ放してやり直しにするという非情な役柄なんですけど、この厳しさがまたいいですね。
そんな非情な女に振り回されるトムの姿が滑稽なんですけど、その滑稽な姿もトムらしくていい感じ。
ミッション:インポッシブル』シリーズや、実際のプライベートで時折見せる奇行の通り、トム・クルーズは滑稽な役回りぐらいの方が丁度いいんです。


まるでゲーム感覚故にエンディングが意外にショボイ


テレビゲームとかをやっていて、ゲームオーバーになったらリセット押して再び始めて、徐々に巧くなっていくってのと似たような感覚。
ただ、ある時点でそのリセットが効かない状態になります。マリオがもう一回も死ねないみたいな状態ですね。
そこらあたりになってくると、やり直しが効かないだけにスリル満点になってきます。うわぁヤベー!これもしも駄目やったらどんなになるんや?みたいな。
そして迎えるラストですが、コレが意外とあっけない。
え?終わり?みたいな。そこだけが少々残念かなと思います。もっと壮絶な終わり方とかでもよかったんじゃないかなと思いますね。


まるでFF(ファイナルファンタジー)みたいな世界観。


観ていて思ったんですけど、戦地に赴く兵士達が着用している無骨な武装が、FF6なんかで出てくる魔導アーマーみたいやなぁとか、エミリー・ブラント扮するリタが持っている武器が、FF7でクラウドが持っているバスター・ソードとか観たいやなぁと思ったり。
敵もなんとなくFFに出てきそうな奴等だったり、FF5にも登場するオメガってのが出てきてみたり、勿論魔法とか使うわけでもないんですけど、ファイナルファンタジー好きな人も楽しめる作品かもしれませんね。


【オール・ユー・ニード・イズ・キル】関連DVD,ブルーレイなど


約75分の映像特典つきブルーレイ
オール・ユー・ニード・イズ・キル [Blu-ray]
オール・ユー・ニード・イズ・キル [Blu-ray]
オール・ユー・ニード・イズ・キル [Blu-ray]

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック