映画『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』セス・マクファーレンによるお下劣ウェスタン・コメディ

映画情報


荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~
(原題:A Million Ways to Die in the West

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて ポスター.jpg
製作年:2014年(アメリカ) ジャンル:コメディ/西部劇
上映時間:116分


スタッフ


監督:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン、アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド
製作:セス・マクファーレン、スコット・ステューバー、ジェイソン・クラーク
音楽:ジョエル・マクニーリイ
撮影:マイケル・バレット
編集:ジェフ・フリーマン


出演者


セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、リーアム・ニーソン、ジョヴァンニ・リビシ、ニール・パトリック・ハリス、サラ・シルバーマン、and more…


【荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~】解説/あらすじ


テッド』のセス・マクファーレンが監督/製作/脚本/主演を務めるウェスタン・コメディ。西部開拓時代を舞台に、羊飼いの男が一人の謎めいた美女と出逢い、悪党に狙われるドタバタを過激に描く。セス・マクファーレンのほか、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のシャーリーズ・セロン、『レ・ミゼラブル』のアマンダ・セイフライド、『ラン・オールナイト』のリーアム・ニーソン、『L.A.ギャング ストーリー』のジョヴァンニ・リビシ、『ゴーン・ガール』のニール・パトリック・ハリスなどが出演するほか、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのクリストファー・ロイド、『ジャンゴ 繋がれざる者』のジェイミー・フォックスなどがカメオ出演。


1882年、西部開拓時代のアリゾナ州。無法者が蔓延り日々命を奪い合うような時代や場所に似つかわしくないオタク気質な羊飼いアルバート(セス・マクファーレン)。男同士の決闘からも逃げ出すようなアルバートに嫌気が差した恋人のルイーズ(アマンダ・セイフライド)も、彼のもとから去ってしまった。ある日、酒場での乱闘騒ぎに巻き込まれたアルバートは、ひょんなことから謎めいた美女アナ(シャーリーズ・セロン)と出逢い恋に落ちるのだったが、アナには実はクリンチ(リーアム・ニーソン)という夫がおり、クリンチは西部一帯で悪名高い悪党なのだった。


【荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~】映画感想/レビュー


世界的に大ヒットした下ネタ満載お下劣テディベアコメディ『テッド』で、監督とテッドの声を務めているセス・マクファーレンによるウェスタン・コメディ、『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて』。
主役はセス・マクファーレン演じるオタク気質な羊飼いセス・マクファーレン。謎めいたヒロイン役に『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のシャーリーズ・セロンのほか、『テッド2』にも出演するアマンダ・セイフライド、リーアム・ニーソン、ジョヴァンニ・リビシなどが出演。
更にはクリストファー・ロイド、ユアン・マクレガー、ジェイミー・フォックス、ライアン・レイノルズ等の豪華俳優がカメオ出演。


多分下品すぎてラジー賞多数ノミネート


『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて』は、『テッド』に輪をかけたように下品極まりないです。性描写は勿論のことながら、グロ要素までプラスされています。
人体破壊的な描写もあるのですが、そっち方面にグロイんじゃなくて、排泄物的な意味でグロい。寧ろ気持ち悪い。
なので、『テッド』で下品と感じた人は観ちゃ駄目です。食事中にも観ちゃ駄目。


恐らくこの下品さが原因なのだと思いますけれども、ラジー賞ではワースト主演男優賞(セス・マクファーレン)、ワースト主演女優賞(シャーリーズ・セロン)、ワースト監督賞(セス・マクファーレン)、ワースト・スクリーン・コンボ賞(セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン)にノミネートされています。


なんやかんやで笑えてしまう


それ映さなくてもえぇやん。と思うもんがパっと映って「うわぁ」ってなったりもしましたが、なんやかんやで単純に笑えるコメディになっています。
単純に笑えるといっても、人種に関することとか、色々とブラックなユーモアに溢れていますけどね。


原題の‘A Million Ways to Die in the West’の意味


邦題は『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』と、寅さんの『男はつらいよ』シリーズと007シリーズを合体させたようなタイトルになっていますが、原題は‘A Million Ways to Die in the West’で、意味は‘西部で死ぬ100万の方法’的な意味なので、そういう見方をした方がいいと思われます。
西部劇の雰囲気が出ていないわけじゃないのですが、真面目な西部劇として観ては駄目。
真面目な西部劇には、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクことクリストファー・ロイドが、何故かデロリアンを作っている一コマなんて出てきません。
唐突な登場に目が点でした。けど凄く笑えました。


タランティーノの『ジャンゴ 繋がれざる者』のジャンゴことジェイミー・フォックスが、そのままの役柄でカメオ出演していたりもします。
そういうシーンも含めて、兎に角笑えるだけのコメディ映画として観るのがオススメです。


【荒野は辛いよ ~アリゾナより愛をこめて~】関連DVD,ブルーレイなど


もう一つのオープニングやエンディングなどの特典を封入したブルーレイ(2015年10月21日発売)
荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~ [Blu-ray]
荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~ [Blu-ray]
荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~ [Blu-ray]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424751321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック