映画『天使と悪魔』トム・ハンクス主演シリーズ第2弾。イルミナティの陰謀を阻止すべく奔走

映画情報


天使と悪魔
(原題:Angels & Demons

天使と悪魔 ポスター.jpg
製作年:2009年(アメリカ) ジャンル:サスペンス/ミステリー/アドベンチャー
上映時間:138分(エクステンデッド版:146分)
前作:ダ・ヴィンチ・コード


<スタッフ>
監督:ロン・ハワード
原作:ダン・ブラウン
脚本:デヴィッド・コープ、アキヴァ・ゴールズマン
製作:ブライアン・グレイザー、ジョン・コーリー
音楽:ハンス・ジマー
撮影:サルヴァトーレ・トチノ
編集:ダニエル・P・ハンリー、マイク・ヒル


<出演者>
トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ニコライ・リー・カース、トゥーレ・リントハート、and more…


【天使と悪魔】解説/あらすじ


『ダ・ヴィンチ・コード』に引き続き、ダン・ブラウンの原作小説を、ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で映画化した‘ロバート・ラングドン’シリーズの第2弾。ヴァチカンを舞台に、秘密結社イルミナティによる陰謀を阻止すべく、トム・ハンクスが演じるロバート・ラングドン教授が奔走する姿をサスペンスフルに描きだす。ヒロイン役を務めるのは『バンテージ・ポイント』のアイェレット・ゾラー。その他の共演に、『ヤギと男と男と壁と』のユアン・マクレガー、『マンマ・ミーア!』のステラン・スカルスガルド、『セントアンナの奇跡』のピエルフランチェスコ・ファヴィーノなど。


教皇の逝去に伴い、新たな教皇を決めるべくコンクラーベ(教皇選挙)が行われようとしていたヴァチカンで、最有力候補の4人の枢機卿が誘拐される。この事件の影には、数百年にわたって教会側と対立関係にあった、ガリレオ・ガリレイを中心とする科学者たちによって結成された秘密結社イルミナティ。彼らはスイスの研究所が生み出した恐るべき破壊力を持つ‘反物質’を盗み出し、コンクラーベに乗じてヴァチカンの破壊を目論んでいたのだった。ハーバード大学で教鞭をとる宗教象徴学の権威であるロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、ヴァチカンから事件捜査の協力要請を受け早速ローマに飛び、‘反物質’を生み出した科学者の娘であるヴィットリア(アイェレット・ゾラー)や、逝去した教皇の侍従カメルレンゴ(ユアン・マクレガー)と共に捜査を始めるのだったが…。


【天使と悪魔】映画感想/レビュー


ダン・ブラウンの小説を原作とする‘ロバート・ラングドン’シリーズの第二段『天使と悪魔』。
前作の『ダ・ヴィンチ・コード』に引き続き、監督を務めるのはロン・ハワード。ラングドン教授役にトム・ハンクス。


イルミナティという秘密結社


この世には、『イルミナティ』と呼ばれる秘密結社が存在していると言われていて、密かに世界を動かしているという陰謀論が存在しています。
イルミナティ シンボル.jpg
このアメリカの一ドル紙幣にも描かれているピラミッドに万物を見渡す目というのが、イルミナティのシンボルマークです。
日本ではフリーメイソンのシンボルがこのマークだという認識の方が高いと思いますが、フリーメイソンのシンボルマークは直角定規とコンパスを模したものです。


イルミナティ自体の描写は残念ながら少ない


『天使と悪魔』はカトリック教会と対立していたとされる科学派のイルミナティが陰謀を仕掛けるという展開で幕を開けるわけですが、正味肝心のイルミナティに関する描写は最初の少しだけで、ストーリーが進行するにつれてイルミナティは殆ど関係なくなっているように思います。
ラングドン以外の登場人物、特にユアン・マクレガー扮するカメルレンゴの生い立ちなどの描写が薄いのも残念だし、展開もご都合主義といった感じ。


陰謀論以外のところでも見所盛りだくさん


ご都合主義とは言え、個人的にはやはりこういう宗教や秘密結社の陰謀だとか、そういう都市伝説的な話しが好きなため、『ダ・ヴィンチ・コード』と同様好きな映画でもあります。
ガリレオ・ガリレイや、ミケランジェロなどの人名が出てくるのも嬉しい限りだし、やはりローマの教会などの建造物の美術的美しさや、ハンス・ジマーの格調高い音楽は大好きです。
何より『天使と悪魔』では、無茶苦茶なくらいのアクションシーンのかっこよさみたいなのがありました。
暗殺者役を演じたニコライ・リー・カースの異様なまでの無双っぷりがかっこよすぎた。
かっこよすぎる銃使いのわりに、最期があまりはあまりにも呆気ないものがあるのですが…
ストーリーが云々の前に、単純に映像の魅せ方としては巧い映画だと思います。


『ダ・ヴィンチ・コード』もなのですが、ダン・ブラウンによる原作を読みたくなる映画です。(逆に原作との相違点も多いため、原作ファンにとってはダメな映画でしかないかもしれません。)
陰謀論好き、宗教関連の話しに興味がある人にはそれなりにオススメです。


【天使と悪魔】関連DVD,ブルーレイなど


4K対応ブルーレイ
天使と悪魔(Mastered in 4K) [Blu-ray]
天使と悪魔(Mastered in 4K) [Blu-ray]
天使と悪魔(Mastered in 4K) [Blu-ray]


『ダ・ヴィンチ・コード』と『天使と悪魔』のエクステンデッド版を収めた2枚組みブルーレイ
ブルーレイ2枚パック  ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション/天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
ブルーレイ2枚パック ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション/天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
ブルーレイ2枚パック  ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション/天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424244495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック