映画『アウトロー』クリストファー・マッカリーとトム・クルーズのコンビが放つサスペンスアクション

映画情報


アウトロー
(原題:Jack Reacher

Jack Reacher poster.jpg
製作年:2012年(アメリカ) ジャンル:サスペンス/アクション/ミステリー
上映時間:130分


<スタッフ>
監督/脚本:クリストファー・マッカリー
原作:リー・チャイルド
製作:トム・クルーズ、ドン・グレンジャー、ポーラ・ワグナー、ゲイリー・レヴィンソン
音楽:ジョー・クレイマー
撮影:キャレブ・デシャネル
編集:ケヴィン・スティット


<出演者>
トム・クルーズ、ロザムンド・パイク、ロバート・デュヴァル、リチャード・ジェンキンス、デヴィッド・オイェロウォ、ヴェルナー・ヘルツォーク、ジェイ・コートニー、and more…


【アウトロー】解説/あらすじ


イギリスの推理小説作家リー・チャイルドのベストセラー小説を、『ユージュアル・サスペクツ』の脚本でオスカーを受賞しているクリストファー・マッカリーが、『誘拐犯』に続いて2作目の映画化。『ミッション:インポッシブル』シリーズのトム・クルーズが、主演と製作を務める。共演に『17歳の肖像』のロザムンド・パイク、『キャビン』のリチャード・ジェンキンス、『リンカーン』のデヴィッド・オイェロウォ、『アギーレ/神の怒り』などの監督として知られるヴェルナー・ヘルツォーク、『ゴッドファーザー』、『地獄の黙示録』のロバート・デュヴァルなど。元米軍人の流れ者の男ジャック・リーチャーが、無差別殺人事件の真相を暴いていく姿をスリリングに描きだす。


ペンシルベニア州ピッツバーグ郊外で、白昼堂々6発の銃弾によって5人が無差別に殺害されるという事件が発生。警察の捜査により、容疑者として早々と元米軍のスナイパー、ジェームズ・バー(ジョセフ・ショコラ)が逮捕される。しかし、バーは全面的に容疑を否認。黙秘を続け、ジャック・リーチャーを呼べとのメモを残して、護送中の事故によって意識不明の重体に陥る。ジャック・リーチャーという名前と、元米軍の秘密捜査官といういうこと以外は謎につつまれ、連絡の取りようもなく困惑していた警察の前に、突如リーチャー(トム・クルーズ)が姿を現す。バーの弁護人であるヘレン・ロディン(ロザムンド・パイク)に協力して捜査を進めるリーチャーだったのだが…。


【アウトロー】映画感想/レビュー


この映画のタイトルも非常に紛らわしい。
というのも、『アウトロー』というタイトルの映画は、1976年にクリント・イーストウッドが監督/主演を務めた映画としてすでにあるんですよね。
イーストウッド版の『アウトロー』の方は、原題が‘The Outlaw Josey Wales’なのでまだイイとして、トム・クルーズ版の『アウトロー』は後出しだし、原題も‘Jack Reacher’という人名だし、いっそのこと邦題は原題である‘ジャック・リーチャー’のままにするなりなんなりすればよかったのにと思う。


ということで、クリストファー・マッカリーの『誘拐犯』に続く2作目の監督作品。
クリストファー・マッカリーは何気にトム・クルーズとの関係性が高くて、トム・クルーズ主演の『ワルキューレ』や、クレジットこそないけど『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』に携わっていて、『アウトロー』以降でも『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の脚本を書いています。(クリストファー・マッカリー脚本、ジョニー・デップ&アンジェリーナ・ジョリー主演による『ツーリスト』も、『ナイト&デイ』出演のために降板したけれどトム・クルーズが出演する予定でした。)
トム・クルーズはクリストファー・マッカリーが相当なお気に入りのようである。


クリストファー・マッカリー監督の前作『誘拐犯』と同じく、流れ者のアウトローが主人公で、銃撃戦や、トム・クルーズ自身によるノースタントのカーアクション、独特な肉弾戦などがカッコイイ映画なのですが、サスペンスやミステリーのバランスもよくとれている映画です。


事件の真相というか、事件の怪しさにいち早く気づいたのが、トム・クルーズ演じるジャック・リーチャーなのですが、ロザムンド・パイク演じる女弁護士よりも明らかに洞察力に優れていて頭がいいんですね。
アウトロー トム・クルーズ ロザムンド・パイク.jpg
女弁護士、立場なし。一体何のためにいたのだろうか?そりゃデヴィッド・フィンチャー監督に


“ロザムンド・パイクが出ている映画は何本か観たけれど、どんな役を演じたか?ということに関しては、驚くほど印象にないんだ”

みたいなことを言われます。
しかし、そういう雰囲気を醸し出せるからこそ、『ゴーン・ガール』で起用されて、高い評価を得たわけだから凄い。個人的にはロザムンド・パイクの演技は結構特徴的だと思いますけどね。得に目を見開いている感じが。


クリストファー・マッカリー監督映画の特徴なのかもしれませんが、シュールに笑える要素と、見た目に痛い描写が出てきたりします。
警察に追われるリーチャーが、バス停で一般人にえ紛れ込んでいたところ、優しい黒人さんが何を悟ったのか防止を貸してくれたり、悪者の本拠地に乗り込む際の武器が、でっかいナイフ一本で、そのナイフすら落としていたり。


何故かドイツを代表する映画監督のベルナー・ヘルツォークが、悪の親玉であるゼックの役を演じているのですが、ヘマをやらかした下っ端に、指を飛ばすことを強要するんですけど、そのやり方が斬新。
「ナイフは何処にあるんだ?」と聞く下っ端に、そんな便利なものあるわけねーだろ。と。
つまり、食い千切れということなのですが、せめて小指からと思ったら、何を思ったか下っ端は左手の親指から行こうとします。


いやいやいやいや!オカシイ!その指じゃなくてもえぇやんけ!とか思いながらハラハラドキドキしながら観ていたら、下っ端ちゃん「できない!できるわけねぇ。」
でしょうね。
彼はそんな苦痛から解放され、楽に眠らされるのでした。


名バイプレイヤーのロバート・デュバルが、トム・クルーズのお株を奪うイイとこ取りの助っ人として登場しますが、『地獄の黙示録』のキルゴアとまではいかないまでも、戦いの地でめっちゃ楽しんでいます。
ナイフのリーチャーを他所に、銃で遠くから援護。
途中リーチャーも銃を手にして、敵さんの一番強い奴(ジェイ・コートニー)と戦うのですが、結局銃を捨てて、素手で勝負するんですね。


観ていて思ったのは、リーチャーは確かに『アウトロー』ではあるのですが、『誘拐犯』の2人と同じく、完全なアウトローではなくて、非情になりきれていないんじゃないかということ。
『アウトロー』っていうタイトルにしてるんだから、もうひたすらアウトローを貫いて欲しい。
それこそ有無も言わさず敵さん撃ちぬいちゃうような。
アンチヒーローとして描ききってくれた方が、より面白かったんじゃないかなと思います。


まぁ、トム・クルーズは、あまりアンチ・ヒーローという雰囲気を持ち合わせてはいないし、原作者もトム・クルーズで満足しているみたいなんですけどね。
そもそも原作でのリーチャーは、身長195センチの大柄な男らしいのですが、トム・クルーズは筋肉隆々ですけど身長はお察し。
それでも原作者が満足しているからこそ、邦題の『アウトロー』はホンマどうにかした方がよかったんじゃないかなと思います。


【アウトロー】関連DVD,ブルーレイなど


原作者が語るジャック・リーチャーや、誕生秘話などの特典映像つきブルーレイ
アウトロー [Blu-ray]
アウトロー [Blu-ray]
アウトロー [Blu-ray]

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック