映画『誘拐犯』クリストファー・マッカリーの初監督作品

映画情報


誘拐犯
(原題:The Way of the Gun

The Way of the Gun poster.jpg
製作年:2000年(アメリカ) ジャンル:クライム/サスペンス/アクション
上映時間:119分


<スタッフ>
監督/脚本:クリストファー・マッカリー
製作:ケネス・コーキン
撮影:ディック・ホープ
編集:ジョー・クレイマー


<出演者>
ライアン・フィリップ、ベニチオ・デル・トロ、ジュリエット・ルイス、ジェームズ・カーン、テイ・ディクス、ニッキー・カート、スコット・ウィルソン、and more…


【誘拐犯】解説/あらすじ


『ユージュアル・サスペクツ』の脚本で、アカデミー賞脚本賞を受賞したクリストファー・マッカリーの初
監督作品。主演を務めるのは『ラストサマー』のライアン・フィリップと、『トラフィック』のベニチオ・デル・トロ。共演に『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のジュリエット・ルイス、『ゴッドファーザー』のジェームズ・カーンなど。2人の男が、とある大富豪夫妻の子供を身ごもった代理母を誘拐したことから繰り広げられるクライム・サスペンス・アクション。


2人のアウトローの男ロングボー(ベニチオ・デル・トロ)とパーカー(ライアン・フィリップ)は、小銭を稼いでは、しがないその日暮らしをしていたのだが、ある日とある大富豪夫婦が、ロビン(ジュリエット・ルイス)という名の代理母を妊娠させたことを知る。ロビンを誘拐して身代金を受け取る計画を思いついた2人は、ロビンの誘拐にはなんとか成功して、メキシコ国境の町に身を隠すのだったが、大富豪の男チダック(スコット・ウィルソン)は裏組織と通じており、2人は殺し屋に狙われるハメになるのだった。


【誘拐犯】映画感想/レビュー


アウトロー』、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』などの映画で、監督としての知名度も着々と上げてきている、クリストファー・マッカリーの初監督作品『誘拐犯』。
クリストファー・マッカリーは、『ユージュアル・サスペクツ』の脚本でアカデミー賞脚本賞など、多数の賞を受賞をていますが、『誘拐犯』でも脚本を手がけています。


とある大富豪夫婦の代わりに妊娠した代理母(ジュリエット・ルイス)を、ベニチオ・デル・トロとライアン・フィリップ演じる2人のアウトローが、誘拐するところから、『誘拐犯』という邦題がついていますが、原題は‘The Way of the Gun’という色々な解釈ができるタイトルとなっていて、深みがあります。
邦題も間違っちゃいませんけど、なんか惜しいです。


『ユージュアル・サスペクツ』のような、あっと驚く大ドンデン返しを期待すると、肩透かしを食らうでしょうが、これはこれで地味ながらも、中々に面白い映画ですね。クライム・サスペンスというよりは、アクション映画として観た方がいいんじゃないかなと思います。


序盤からライアン・フィリップとベニチオ・デル・トロのアウトローっぷりが、イチイチかっこいい。
皮肉を利かせつつも、如何にも正論っぽいような「実はこいつら頭いいんじゃね?」と思わせるような会話にはニヤニヤしてしまいますが、まずロビンを誘拐してからメキシコ国境に逃げるまでの、ボディガードとの銃撃戦とカーチェイスの駆け引きが面白い。
制作費21000万ドルと、そんなにお金のかかっている映画じゃないので、地味と言えば地味なのですが、斬新なやり方で楽しませてくれます。
この辺なんとなくヒッチコックっぽいかもしれませんね。


そして後半のクライマックス。多分そんなに派手じゃないんだけれど、なんとなく派手に観える銃撃戦。
男なら、そこをやられると銃じゃなくても痛いです。っていう笑いを絡ませつつ、カッコイイ映像を観ることができます。
2人のアウトローの絶望感は、『明日に向かって撃て!』のポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの2人を彷彿させます。
『明日に向かって撃て!』のエンディングとはだいぶ違ってきますが、『誘拐犯』の終わり方は、これはこれで悲しい。
ある意味ではアメリカン・ニューシネマ的なカタルシスを味わうことができますね。


ベニチオ・デル・トロとライアン・フィリップの2人は非常にイイ演技をしているのですが、この映画で一番素敵な演技をしているのが、殺し屋役のジョーを演じたジェームズ・カーン。


“老いぼれを見たら、これまで生き残ってきた男なんだと、覚えておいたほうがいい。”

とか言っちゃったりするのですが、2人の若手アウトローよりよっぽどアウトローで、カッコイイと同時に怖い。
『ゴッドファーザー』で蜂の巣になるソニーを演じているので、何の皮肉やねんと思ったりもしますけどね。
また、ジョーはジョーで相棒を失っちゃったりで、ここにもなんとも物悲しいカタルシスを覚えます。


派手さこそないものの、2時間全く飽きることなく観れる、隠れた良作です。


【誘拐犯】関連DVD,ブルーレイ


誘拐犯 [DVD]
誘拐犯 [DVD]
誘拐犯 [DVD]

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック