映画『クロッシング』ブルックリンの警察の苦悩と葛藤を描いたクライム・サスペンス

映画情報


クロッシング
(原題:Brooklyn's Finest

Brooklyn's Finest poster.jpg
製作年:2009年(アメリカ) ジャンル:ドラマ/アクション/クライム
上映時間:132分


<スタッフ>
監督:アントワーン・フークア
脚本:マイケル・C・マーティン
音楽:マーセロ・サーヴォス
撮影:パトリック・ムルギア
編集:バーバラ・タリヴァー


<出演者>
リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードル、ウェズリー・スナイプス、ウィル・パットン、エレン・バーキン、and more…


【クロッシング】解説/あらすじ


『トレーニング・デイ』、『ザ・シューター/極大射程』のアントワーン・フークア監督が、犯罪多発地域のブルックリンを舞台に3人の警察の苦悩と葛藤を描くクライム・サスペンス。出演は『シカゴ』のリチャード・ギア、『ガタカ』『トレーニング・デイ』のイーサン・ホーク、『ホテル・ルワンダ』『再会の街で』のドン・チードルなど。


定年一週間前のベテラン警官エディ(リチャード・ギア)は、それまで無難な警察人生を送り大した手柄も立てていなかったが、最後に新人警察官の研修を任されることに。麻薬捜査官で子供思いのサル(イーサン・ホーク)は、もうすぐ双子が生まれる予定なのだが、新居に移るほどの甲斐性はない。おとり捜査官のタンゴ(ドン・チードル)は、長年の潜入捜査に嫌気がさし、潜入捜査をやめたいと上司に進言していた。エディとサルお世辞にも治安がいいとも言えない街、特に警官による強盗事件がおこってからは警察に対する信頼も地に落ちたブルックリンで、3人はそれぞれに悩み苦しんでいたのだが…


【クロッシング】映画感想/レビュー


デンゼル・ワシントンとイーサン・ホーク主演の『トレーニング・デイ』などで知られるアントワーン・フークア監督による群像劇型クライム・サスペンス。
リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードルが主役である3人の刑事を演じている他、『パッセンジャー57』や『ブレイド』などのウェズリー・スナイプス、舞台俳優としても知られるウィル・パットン、やエレン・バーキンなど、何気に豪華キャストが揃っています。


治安の悪いブルックリンの警察(=Brooklyn's Finest)の苦悩と葛藤を描くということで、エディ(リチャード・ギア)は新人研修中に起こった万引きという小さな事件が、偶然大きな事件の手柄となる代わりに、新人が少年に向って発砲してしまうという事態に見舞われ自分を責め、サル(イーサン・ホーク)はガサ入れで入った危ないヤマで仲間を助けるが、本当は栄誉より現場にあった札束の方が欲しかったと苦悩し、タンゴ(ドン・チードル)は命の恩人であるギャングのボス(ウェズリー・スナイプス)えのおとり捜査のかわりに昇進できるという裏切りの中で苦しむこととなります。
クロッシング リチャード・ギア イーサン・ホーク.jpg


3人とも、自分の心とは裏腹の形で名声や栄誉を得てしまうことに悩み苦しみ苛立ちを覚え、結局絶対的な悪にはなることができず、自分に対しても、警察という巨大な組織に対しても疑問を抱くようになり、ある事件をきっかけに一つの集束へと向おうとする。


ストーリー自体は非常によく出来た形で、3人のそれぞれの内面をもっと深く描いて、それぞれの立場からの映画が一本撮れてしまいそうなノリがあるのですが、なんせ群像劇になってしまっているので、3人の心理描写がわからないこともないけど浅く感じてしまう。
もっと深く描くなら、少なくとも3時間くらいの尺は必要だったんじゃないかなと思う。


俳優自体の演技、特にイーサン・ホークは、同じくアントワーン・フークア監督の『トレーニング・デイ』の時以上に素晴らしい演技をしていると感じました。眉間にシワを寄せて苦悩する姿が自然で素晴らしい。
しかしこの群像劇、半ば強引気味に集束地点に向って行ったことが否めない。
張られた伏線を消化する意味では仕方なかったとは言え、やはり強引な展開だったように感じる。
似たような群像劇に、ポール・ハギス監督の『クラッシュ』という映画がありますが、それには遠く及ばない。


暗いダークな雰囲気、後味の悪さは素晴らしい映画。アメリカン・ニューシネマ好きの私としては悪くはないですが、何せ『クラッシュ』が大好きなだけにどうしても比べてしまう。
ドン・チードルは顔からしてイイ人という感じがにじみ出ていて、どうしても『ホテル・ルワンダ』の素晴らしさが過って、絶対的な悪には成りきれないので、それこそ『トレーニング・デイ』の時のデンゼル・ワシントンのような存在が欲しかったような気もする。
しかし、何気に貧困や人種差別、体制に対しての怒りみたいなものを描いた映画だとも言える。
テーマ自体は全然悪くありません。


【クロッシング】関連DVD,ブルーレイなど


特典映像封入スペシャルプライス・ブルーレイ
クロッシング スペシャル・プライス [Blu-ray]
クロッシング スペシャル・プライス [Blu-ray]
クロッシング スペシャル・プライス [Blu-ray]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423841844
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック