映画『ジュラシック・パーク』CG技術において革新的な影響をもたらしたスピルバーグ監督作品

映画情報


ジュラシック・パーク
(原題:Jurassic Park

Jurassic Park poster.jpg
製作年:1993年(アメリカ) ジャンル:SF/パニック/アクション
上映時間:127分


<スタッフ>
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:マイケル・クライトン、デヴィッド・コープ
原作:マイケル・クライトン
製作:キャスリーン・ケネディ、ジェラルド・R・モーレン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
撮影:ディーン・カンディ
編集:マイケル・カーン、スタン・ウィンストン、デニス・ミューレン、フィル・ティペット、マイケル・ランティエリ


<出演者>
サム・ニール、ローラ・ダーン、リチャード・アッテンボロー、ジェフ・ゴールドブラム、マーティン・フェレロ、B・D・ウォン、ウェイン・ナイト、サミュエル・L・ジャクソン、アリアナ・リチャーズ、ジョゼフ・マゼロ、and more…


<受賞歴>
第66回アカデミー賞:視覚効果賞、音響賞、音響効果編集賞受賞


【ジュラシック・ワールド】解説/あらすじ


『インディ・ジョーンズ』シリーズや『ジョーズ』、『未知との遭遇』、『E.T.』、『シンドラーのリスト』などで知られる巨匠スティーヴン・スピルバーグが、マイケル・クライトンの小説を映画化した、オープンを間近に控える『ジュラシック・パーク』という名のテーマパークを舞台に、恐竜との戦いを描くSFパニックアクション大作。革新的なCGの技術で、後の映画に大きな影響を与えた一本でもある。出演は『ピアノ・レッスン』のサム・ニール、『ワイルド・アット・ハート』のローラ・ダーン、『ザ・フライ』のジェフ・ゴールドブラム、『ガンジー』や『遠い夜明け』の監督としても知られるリチャード・アッテンボローなど。


考古学者のアラン・グラント博士(サム・ニール)と恋人のエリー・サトラー博士は、ハモンド財団の創始者で、インジェン社を経営するジョン・ハモンドの高待遇な招待を受けて、コスタリカの沖合いに浮かぶ島に新設されたオープン間近のテーマパーク、『ジュラシック・パーク』を訪れる。そこは、DNAの操作によって生み出された恐竜達が生息し、間近で観ることができるという考古学者の2人にとってはたまらない、夢のような世界だった。しかし、夢のような時間もつかの間、嵐の訪れと共に、イアン・マルカム博士(ジェフ・ゴールドブラム)が危惧していた通り恐竜たちが暴走を始め、『ジュラシック・パーク』は恐怖のどん底に陥るのだった。


【ジュラシック・パーク】映画感想/レビュー


現在『ジュラシック・パーク』シリーズの4作目となる『ジュラシック・ワールド』が鋭意公開中ということで、1993年に巨匠スティーヴン・スピルバーグが生み出した第1作目の『ジュラシック・パーク』のレビューです。
金曜プレミアムでも『ジュラシック・ワールド』の公開にあわせて放送していましたが、20年以上経った今観ても面白いですね。
ジュラシック・パーク 集合写真.jpg


まず、スピルバーグやジョージ・ルーカス御用達の作曲家、ジョン・ウィリアムズのテーマ曲が気分を高揚させます。『ジュラシック・ワールド』のレビューにも書いていますが、このテーマ曲は久々に聴くと、ある種ノスタルジックな気分にもなります。(公開当時、私は10歳)


スティーヴン・スピルバーグ監督作品としては、『激突』や『ジョーズ』のパニック系+『インディ・ジョーンズ』に代表される冒険活劇=『ジュラシック・パーク』といった印象で、エンターテイメント性に富んだ娯楽映画としてのバランスが非常にいい。
同年公開の『シンドラーのリスト』の真逆をいったという印象です。
スピルバーグの凄いところで、大人になっても子供心を忘れさせません。セットや小物など、早撮りにもかかわらず細部で遊び心が見え隠れします。


スピルバーグ自身が語るアルフレッド・ヒッチコックからの影響もふんだんに盛り込まれていて、遊び心の中にもサスペンスの要素がふんだんに盛り込まれていて、単に恐竜に襲われるのみならず、襲われたことによる二次災害の描き方も非常に巧い。ヒッチコックが言うところのサスペンスの持続ですね。(この辺りが『ジュラシック・ワールド』との一番の違いなんじゃないかと思う)
木にひっかかった車が襲ってくるシーンなんかはその典型で、ハラハラドキドキさせてくれます。


かと思いきや、いざ実際に恐竜に食われるという本来残酷であろうシーンになってくると、ウィットに富んだ笑いを絡めてきたりして、怖いんだけど怖くないみたいなオカシナ感覚になります。
ジュラシック・パーク ティラノサウルス.jpg


デヴィッド・クローネンバーグ監督の『ザ・フライ』で蝿男になる科学者を演じたジェフ・ゴールドブラムが、『ジュラシック・パーク』では理論派の科学者として出て来ます。カオス理論とかバタフライ効果とか色々言い並べた上で、遺伝子操作によって生み出された恐竜から成るテーマパークに対して、ことあるごとに警鐘を鳴らして、実際大変なことになっちゃいますが、この役柄はそれこそ『ザ・バタフライ』のパロディなんじゃなかろうかと思います。
そんな思慮深い理論家をよそに、大人も子供も好奇心の方が先だっちゃうんですけどね。


『ジュラシック・パーク』というテーマパークの生みの親であるハモンド氏を、『ガンジー』などの監督として知られるリチャード・アッテンボローが演じていますが、ガンジーとは真逆の精神構造をしたエゴの塊を演じているところも面白いですね。
エゴの塊というか、この人は純粋にスピルバーグ自身の投影として描かれているのだと思います。
グラント博士やサトラー博士同様、幼い頃から恐竜というものに思いを馳せ、夢の実現、世界中の子供達のためにこのようなテーマパークを作ったんだという描写は、いたずらとおもちゃが大好きで、映画というものに取り憑かれていったスピルバーグそのもの。自らのエゴから悲劇が生まれたにも関わらず、最終的には自分の非を認めて大金をかけた事業から撤退するといった描写には好感が持てます。


一方純粋なエゴイストのエンジニアであるネドリーにはイライラさせられますけどね。結局ティラノサウルスに喰われますが…。


このように、単に楽しい娯楽映画としてだけではなくて、人間のエゴの部分を描いているのも凄いところ。
そういったところでもバランス感覚が物凄い作品です。
20年以上の前の作品で、CG技術において後の作品に影響を与えまくった映像自体も観もの。この映像も、今観て凄いとまではいかないかもしれないけれど、殆ど見劣りしません。
食物連鎖のお勉強にもなるとかならないとか。


【ジュラシック・パーク】関連DVD,ブルーレイなど


ユニバーサル・シネマ・コレクション・ブルーレイ
ジュラシック・パーク [Blu-ray]
ジュラシック・パーク [Blu-ray]
ジュラシック・パーク [Blu-ray]


『ジュラシック・パーク』シリーズ過去3作品に特典映像を封入した6枚組みブルーレイセット
ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー  [Blu-ray]
ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー [Blu-ray]
ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー  [Blu-ray]

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック