映画『ちょんまげぷりん』中村義洋によるハートフル・ヒューマンコメディ

映画情報


ちょんまげぷりん
ちょんまげぷりん ポスター.jpg
製作年:2010年(日本) ジャンル:ドラマ/コメディ
上映時間:108分


<スタッフ>
監督/脚本:中村義洋
原作:荒木源
音楽:安川午朗
主題歌:忌野清志郎(REMEMBER YOU)
撮影:小林元
編集:森下博昭


<出演者>
錦戸亮、ともさかりえ、鈴木福、今野浩喜(キングオブコメディ)、佐藤仁美、忽那汐里、and more…


【ちょんまげぷりん】解説/あらすじ


荒木源の小説を『ゴールデンスランバー』の中村義洋で映画化したハートフルウォーミングなヒューマン・コメディドラマ。180年前の江戸時代から、現代にタイムスリップしてきた主人公の侍、木島安兵衛を演じるのは、今作が映画初主演となる錦戸亮。現代という荒波で、仕事に育児にと励むシングルマザーを演じるのは、ともさかりえ。


一人息子の友也(鈴木福)を育てながら、家事に育児に仕事にと奔走するシングルマザー遊佐ひろ子(ともさかりえ)。そんな彼女の前に、妙な出で立ちをした男が現れる。その男は、180年前の江戸時代からやってきた侍、木島安兵衛(錦戸亮)だった。帰る方法もわからなくなってしまった安兵衛は、家事全般をすることと引き換えに、ひろ子の家で居候をすることに。家事では意外な才能を発揮し、友也には父親のように慕われだした頃、友也のために作ったプリンがきっかけで、安兵衛はお菓子作りに目覚めて、一躍人気パティシエにまでなるのだったが…。


【ちょんまげぷりん】映画感想/レビュー


流石は中村義洋監督。ありそうでなさそう。でもやっぱりあり得ないというようなシュールな設定を、時に優しく、時に厳しく、そして甘くもほろ苦い笑いと涙の絶妙なバランスで描ききっています。
江戸時代と言えば、男は外で働き、女は家庭を守るというのが当たり前の話であったけれど、現代社会ではそうも行かない。
自立する女性も増え、離婚も増えればシングルマザーも増え、逆に女性が外で働き、男性が家庭を守るという江戸の時代とは間逆のことが増えてきている時代でもあり、そんなところに、ちょんまげの本物のお侍さんがタイムスリップしてくるというのは、見た目の可笑しさもさることながら、考え方そのものがシュールなことこの上ない。


しかし、そんな現代から見たら、見た目も考え方もおかしいお侍さんだからこそ、何かを伝えられることができ、何か考えさせられることもできるのである。
その何かというのはきっと、現代人が忙しさのせいにして忘れがちな、人によっても変わってくる大切な『何か』なのだろう。
ちょんまげぷりん ともさかりえ 鈴木福.jpg


大人の男と女、時代錯誤の中での価値観の違いがあるように、大人と子供にとっても価値観の違いというのは存在する。
子供のために。と子供のせいにして仕事に明け暮れることが、必ずしも子供の幸せに直結するとは限らない。
そんなことを、笑いと涙で魅せてくれる素晴らしい映画。


関ジャニ∞の錦戸亮が主演ということで、アンチジャニーズの人とか避けてしまいそうな映画かもしれませんが、それを理由に観ないのはもったいないです。錦戸亮も、素敵にユーモアのあるお侍さんを演じていました。
ともさかりえにいたっては、実際に結婚して離婚していたいり、少なからず彼女自身の来歴とリンクするところがあるので、リアルなシングルマザー像を演じきっているんじゃないかと思います。万人にオススメの傑作ハートフルヒューマンコメディー。鈴木の福さんが出てることに、このレビューを改めて書いてて気づきました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック