映画『ミッション:インポッシブル3/M:I:Ⅲ』イーサン・ハントは『24』のジャック・バウアー

映画情報


ミッション:インポッシブル3/M:I:Ⅲ
(原題:Mission: Impossible Ⅲ

Mission Impossible 3 poster.jpg
製作:2006年(アメリカ)
ジャンル:アクション/サスペンス
上映時間:126分


前作:ミッション:インポッシブル2
次作:ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

<スタッフ>
監督:J・J・エイブラムス
脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、J・J・エイブラムス
音楽:マイケル・ジアッキーノ
撮影:ダニエル・ミンデル
編集:メリアン・ブランドン、メアリー・ジョー・マーキー


<出演者>
トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ウィング・レイムス、ローレンス・フィッシュバーン、マギー・Q、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ビリー・クラダップ、ミシェル・モナハン、ケリー・ラッセル、サイモン・ペッグ、and more…


【ミッション:インポッシブル3/M:I:Ⅲ】解説/あらすじ


トム・クルーズ主演の大人気スパイ・アクション大作『ミッション:インポッシブル』シリーズ第三弾。海外TVドラマシリーズ『エイリアス』の大ファンだという主演と製作を兼任するトム・クルーズの希望により、『エイリアス』の他『LOST』なども手がけてきたJ・J・エイブラムスが、映画初監督を務める。敵役を『カポーティ』などの実力派俳優フィリップ・シーモア・ホフマンが務め、ヒロイン役を『キスキス、バンバン』のミシェル・モナハンが務める。その他の共演は、トム・クルーズと並んでシリーズ唯一の常連のヴィング・レイムス、『マトリックス』シリーズのローレンス・フィッシュバーン、『ラッシュアワー2』のマギー・Q、『マッチポイント』のジョナサン・リース=マイヤーズ、『ショーン・オブ・ザ・デッド』のサイモン・ペッグなど。


これまで数々の不可能と思われた任務を遂行してきたIMFの諜報員イーサン・ハント(トム。クルーズ)は、恋人のジュリア(ミシェル・モナハン)と自分の素性を隠しながらも婚約し、現場職を退いてスパイ育成の教官員を務めながら幸せな毎日を送っていた。そんなある時、IMFからイーサンのもとに新たなミッションが届く。ある組織に拘束されてしまった元教え子の女性エージェント・リンジー(ケリー・ラッセル)を救出するという任務。目の前の幸せな生活故に悩むイーサンだったが、教え子であることや、イーサン自身が現場への推薦をしていたことに責任を感じこれを引き受ける。早速チームを組み、リンジーの救出に成功しヘリで脱出するのだったが…。


【ミッション:インポッシブル3/M:I:Ⅲ】映画感想/レビュー


ハリウッドのスター俳優トム・クルーズ主演/製作による人気スパイ・アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ第三弾。前作『ミッション:インポッシブル2/M:i-2』がやりすぎくらいのアクション方面に振り切っていたのに対して、本作ではアクションとストーリーのバランスがよくとれた仕上がりになっています。
なので、見所が非常に際立っていて、結果的にこれまでの3作品の中で一番面白い作り方になってるんじゃないかなと思います。
これは脚本と『LOST』や『エイリアス』などの海外TVドラマシリーズを手がけるJ・J・エイブラムス監督の手腕によるところがだいぶ大きいですね。(前作と比べると売り上げ自体は結構ダウンしていますが…)


映画冒頭からいきなりクライマックス。トム・クルーズ演じるイーサン・マシュー・ハントと、ミシェル・モナハン演じる妻だか恋人らしき人物が、フィリップ・シーモア・ホフマン演じる悪役っぽい人に拘束されて、なにやらヤバそうな雰囲気。
何やらフィリップ・シーモア・ホフマン怒ってて、ミシェル・モナハンを撃とうとしている。


“お前の頭には時限爆弾が仕掛けてある。”
“ラビットフットはどこだ?”

どうやらイーサンの頭には爆弾が埋め込まれてしまったらしい。
ミシェル・モナハンはイーサンにとって大切な人らしい。
どうやらラビットフットとかいう得体の知れない物が今回のマクガフィンらしい。


ここで注目したいのがフィリップ・シーモア・ホフマンの怪演。トム・クルーズも頑張っていると思うけど、こういうシリアスな場面になるとフィリップ・シーモア・ホフマンの圧勝。正直主演食いだと思う。
あと、ラビットフットというマクガフィン。
マクガフィンというのは、最初の方の『ドラゴンボール』における7つ集めたら願いごとが叶うらしいドラゴンボール、『ONE PIECI』におけるひとつなぎの大秘宝らしいワンピースみたいなもので、物語を展開させるきっかけ、目的になるようなもののことなんだと思いますが、今回のラビットフットとは何なのか?


どうやらラビットフット、バイオハザードのマークが入っているので、生物兵器であるらしいことと、それが非常に高値で売れるらしいことはわかっているのですが、それ以外のことは殆ど何もわかりません。最後まで。だけれどラビットフットに引っ張られて物語は進行していきます。


一線を退いたイーサン率いるIMFのチームは、ひょんなことからイタリア・ローマに飛んで、バチカン内に潜入。目的はフィリップ・シーモア・ホフマン演じるオーウェン・ディヴィアンを拘束して、ラビットフットについて聞き出すこと。


このバチカン潜入シーンが、非常にカッコイイ。スパイ・アクションらしいステルス行動に、イーサンお得意の変装。敵にバレるかバレないかのサスペンスに爆破にカーアクション。
話自体も凝っていて、黒幕は一体誰なのか?という点が二転三転します。どんでん返しという程のやられた感はありませんけど。(これは黒幕演じたあの人が、異様に影薄かったからかもしれない。)


かなりバランスがとれている映画で、殆ど誰にでも楽しめると思います。
ただバランスがとれすぎていて、カッコイイシーン、スリルのあるシーンが明確にあるにしても、めちゃめちゃ凄い!というところは皆無に等しい。面白いんだけれど地味な映画でもあります。関係のない人巻き込みすぎですし、アメリカこえー!ってなりますね。
そしてイーサン・ハントは、『24』のジャック・バウアー並に色んなことに巻き込まれたり、ずーっと走り続けてたり、起死回生が多すぎたり、常人であるにもかかわらずもはや超人の域。
キーファー・サザーランドでも撮れるんじゃねぇか?とかも思いましたけど、やっぱあくしょんはトム・クルーズじゃないと無理だろうから駄目ですね。主演だけじゃなくて製作もしれますし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422782960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック