映画『ミッション:インポッシブル』不可能を可能にするトム・クルーズ(イーサン・ハント)

映画情報


ミッション:インポッシブル
(原題:Mission: Impossible

ミッション:インポッシブル ポスター.jpg
製作:1996年(アメリカ) ジャンル:サスペンス/アクション
上映時間:110分
次作:ミッション:インポッシブル2
監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:デヴィッド・コープ、ロバート・タウン、スティーヴン・ザイリアン
音楽:ダニー・エルフマン
出演者:トム・クルーズ、ジョン・ヴォイト、エマニュエル・ベアール、ヘンリー・ツェニ、エミリオ・エステベス、クリスティン・スコット・トーマス、ジャン・レノ、ヴィング・レイムス


【ミッション:インポッシブル】解説/あらすじ


テレビドラマ『スパイ大作戦』の映画化作品。スリル満点のサスペンス・スパイ・アクション。監督は『アンタッチャブル』、『カリートの道』のブライアン・デ・パルマで、主演のトム・クルーズは製作も兼任。共演に『ヒート』のジョン・ヴォイト、『レオン』のジャン・レノなど。


ジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)率いるIMF(Impossible Mission Force)は、CIAの工作員リストが漏洩した事件を解決するためプラハで米大使館で作戦を実行するが、情報が敵に漏れていて、チーム・リーダーであるイーサン・ハント(トム・クルーズ)以外のメンバーが次々に消されてしまい、作戦は失敗に終わる。一人生き残ったイーサンは、CIAのユージーン・キトリッジ(ヘンリー・ツェニー)と会うが、作戦はIMF内にいる内通者を探すためのものだったと聞かされ、生き残ったイーサンにその疑いがかけられる。嫌疑を晴らすためイーサンは、なんとか生き残っていたジムの妻クレア(エマニュエル・ベアール)と協力して、裏切り者を探すのだったが…。


【ミッション:インポッシブル】映画感想/レビュー


まず『ミッション:インポッシブル』の意味ですけれど、Missionは使命とか任務という意味で、Impossibleは不可能とかありえないという意味なので、 『Mission:Impossible』は、不可能な任務、ありえないような任務、任務遂行不可能とかいう意味になりますね。ということで、CIAの本部に乗り込んで情報を盗んだり、列車の上で戦かったり、ヘリコプターがトンネルに突っ込んだりと、ありえないようなことが山ほどおこるスパイアクションの大人気シリーズですね。2015年8月7日には、シリーズ5作目の最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が公開されます。


スパイ系の映画は、OO7シリーズとか、ジェイソン・ボーンシリーズとか人気作品が色々とありますが、『ミッション:インポッシブル』は元々はアメリカのテレビシリーズで、トム・クルーズ主演で知られていますが、記念すべき1作目である本作は、『アンタッチャブル』や『カリートの道』で知られるブライアン・デ・パルマが監督。
このブライアン・デ・パルマは、サスペンスの巨匠であるアルフレッド・ヒッチコックからの影響が強い監督さんです。


『殺しのドレス』など、過去の作品にも色々とヒッチコックに影響を受けていであろう描写が散見されますが、『ミッション:インポッシブル』でも、ヒッチコックの影響が強烈に出ています。
まずカメラワークですね。人物をやたらクローズ・アップで映したり、『めまい』のように螺旋階段を上から映してみたり。
『北北西に進路を取れ』では、主人公が飛行機に襲われますが、この映画ではヘリコプターに襲われます。
アクション映画でありながらサスペンスが持続したり、要所でのコミカルな要素なども、ヒッチコックからの影響がうかがえますね。
なので、この映画はヒッチコック映画と比較しながら観てみるのも一つの楽しみ方だと思います。


映画は、裏切る裏切らない、騙す騙さないみたいな話がひたすら続きますけど、そういうところで、誰が裏切ってるんだ?とか、騙されてるのか?みたいな不信感や緊張感はありませんね。ミステリー面ではわりと判りやすいです。また、イーサン・ハントを演じているトム・クルーズも、あまり上手な演技をしているとは言えないので、そういう面でも面白いけれど緊張感が伝わってこないです。


CIA本部に乗り込んで情報を盗むシーンで、ダクトからトム・クルーズがぶら下がって、温度が上がっても駄目だし、地面に汗一つ落ちても駄目だし、ある程度の音量を振り切っても駄目なんですけれど、凄い緊張感ですね。(わざとらしい演出含めて)
ミッション:インポッシブル イーサン・ハント.jpg
トム・クルーズをロープで支えているジャン・レノの焦り具合が面白いですね。そのジャン・レノのところにネズミが現れたりするんですけど、まるで無菌ルームみたいでセキュリティーもしっかりしている場所なのに、ネズミは出るんかい!しかもタイミングよく!だとか、今にも落ちそうなメガネをかけているとか、ディスクも落ちそうという突っ込みは野暮なのでやめておきますけど。(手遅れ)
ダクトというところが『ダイ・ハード』を思わせたりしますね。


もう一つの見所が、ネタバレになりますけど終盤のクライマックスシーン。列車でのイーサン・ハント対ジョン・ヴォイト演じるジム・フェルプスの戦いですね。このシーンもどっかで観たような映像ですけれども、ジャン・レノが操縦するヘリコプターが、フックで列車と連結されてトンネルの壁にぶつかりそうになるんですけど、逃げようがないのでそのまま列車と一緒にトンネル内部に突っ込みますね。
プロペラが壁にかすりでもしたら、一気に巻き込まれて大爆発というこのシーン。
色々突っ込みどころは満載なのですが、それでもやはり凄い緊張感です。そしてやはりジャン・レノの焦り具合がイイ感じ。


タイトルの文字通り、作戦的にも不可能に近いようなことが満載。画的にもありえないことが満載なのですが、ブライアン・デ・パルマの映像で惹きつける力というのは、他の監督作品とくらべても全く遜色ないどころか、最も惹きつけられる作品かもしれません。下手なドラマ性に走らず、完全娯楽に吹っ切れているのも逆に好感がもてたりします。
後にシリーズ化されるように、売れるべくして売れたというか、売るために作っている映画でしょうから、突っ込みどころは置いといてもこの映画は大成功と言えるでしょう。オリジナルのテレビシリーズ『スパイ大作戦』に出演していた俳優さんたちは、割と否定的な意見みたいですけど。


【ミッション:インポッシブル】関連DVD,ブルーレイなど


ミッションインポッシブル ブルーレイ
ミッション:インポッシブルトレードマーク(TM) スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ミッションインポッシブル ブルーレイ
ミッションインポッシブル ブルーレイセット
【Amazon.co.jp限定】ミッション:インポッシブル クアドリロジー ブルーレイBOX [Blu-ray]
ミッションインポッシブル ブルーレイセット

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422691678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ミッション:インポッシブル
Excerpt: 秘密諜報員イーサンの仲間は次々に傷つき、自らも負傷した。にもかかわらず、イーサンは二重スパイの汚名を着せられる。追跡者から逃れ独力で事件の謎を解明しようとするが…。 スパイアクション。
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-07-22 16:05