映画『ナイト&デイ』キャメロン・ディアス&トム・クルーズ主演の痛快アクション・ラブコメ

映画情報


ナイト&デイ
(原題:Knight and Day

ナイト&デイ ポスター.jpeg
製作:2010年(アメリカ) ジャンル:アクション
上映時間:109分


スタッフ


監督:ジェームズ・マンゴールド
脚本:パトリック・オニール
撮影:フェドン・パパマイケル
音楽:ジョン・パウエル

出演者


トム・クルーズキャメロン・ディアス、ピーター・サースガード、ヴィオラ・デイヴィス、ポール・ダノ、and moer…


【ナイト&デイ】解説/あらすじ


『ミッション:インポッシブル』シリーズのトム・クルーズと『私の中のあなた』のキャメロン・ディアスが、『バニラ・スカイ』以来共演を果たしたアクション映画。平凡な女性が、スパイの男と出逢ってしまったことにより、騒動に巻き込まれていく様子を、ロマンスを交えながら描く。監督は『3時10分、評決のとき』のジェームズ・マンゴールド。


素敵な男性との出会いを求めていた平凡な女性ジューン(キャメロン・ディアス)は、カンザスからボストンへ帰路につこうとしいた空港で、ロイ(トム・クルーズ)と名乗る男性とぶつかったことによって運命的な出会いを果たす。機内では偶然にも近くの席になって心をときめかせていくのだったが、ジューンが化粧室に入った瞬間、突如ロイは機内で暴れ周り、化粧室から戻ってきたジューンにとんでもないことを告げるのだった。


【ナイト&デイ】映画感想/レビュー


トム・クルーズ&キャメロン・ディアス主演の大味なだけの大した面白みもない作品やろという予想は、イイ意味で裏切られました。痛快なアクションとラブコメで魅せる軽快なハリウッド映画となっています。
ナイト&デイ トム・クルーズ キャメロン・ディアス.jpg


巧みな編集とカメラワーク


ジェームズ・マンゴールド監督は、この大味になりそうな企画を巧くまとめあげていますね。
と言っても、突っ込みどころは満載なのですが、そこらへんは大胆なカメラワークや、巧みな編集によって、テンポよくまとめられていて、ストレスなく鑑賞することができます。
このカメラワークは、色々なアクション映画観てきましたけど、ちょっと凄いですね。ド派手というわけじゃないけれど、魅せるツボを押えているというか。


アクションと絡みあう絶妙なラブコメ要素


トム・クルーズによる痛快なアクションと、ラブコメの女帝キャメロン・ディアスによる、アホなというかすっとぼけた感じのコメディタッチな笑いが絶妙なバランスを保っていて、終始全く飽きさせません。
この手の映画にある典型的なロマンスの展開は、わかってはいますけれどもご愛嬌ということで。
ナイト&デイ.jpg


製作は難航


こんなさらっと観られるような映画でも、製作の方はかなり難航したみたいです。
トム・クルーズに主演が決まる前は、アダム・サンドラーを配役に予定していたらしいですが、アダム・サンドラーがオファーを断り、その後クリス・タッカーとエヴァ・メンデスのダブル主演で話しを進めていくも、2人とも降板。
その後、キャメロン・ディアスがソニーと契約して出演が決まり、相手役にジェラルド・バトラーを検討するも、ジェラルド・バトラーは『バウンティー・ハンター』でジェニファー・アニンストンと共演することになり、結果、『ソルト』や『ツーリスト』など、当時5つの映画のオーディションを受けていたトム・クルーズに決まりました。(トム・クルーズはそんなにアンジェリーナ・ジョリーと共演したかったのだろうか?と思ったら、トム・クルーズ降板後にアンジーの出演が決まったんだそうです。)
トム・クルーズの出演料を通常より安くすることで、制作費を抑えたらしいですが、トム・クルーズが通常受け取っているギャラがおよそ2000万ドルで、安くしても1100万ドル。1ドル100円と大雑把に考えても、11億もらうって凄まじいですね。
9億削れるのも凄いですけど…。
最終的な『ナイト&デイ』の制作費は1億1700万ドル以上です。
日本円にしたら一体いくらなんかさっぱりわかりませんけれども、兎に角莫大な数字ですね。(ハリウッドでは普通の額だけれど)


【ナイト&デイ】関連DVD,ブルーレイなど


エキサイティング・バージョンを収録したブルーレイ
ナイト&デイ(エキサイティング・バージョン) [Blu-ray]
ナイト&デイ(エキサイティング・バージョン) [Blu-ray]
ナイト&デイ(エキサイティング・バージョン) [Blu-ray]

この記事へのコメント

  • 凛太郎

    谷口暢彦ささん
    成る程そうなのですね!教えていただきありがとうございます。
    2015年08月17日 00:51

この記事へのトラックバック