映画『ワンピースフィルム~ストロングワールド~』

映画情報


ワンピースフィルム~ストロングワールド~
ONE PIECE FILM Strong World

ワンピースフィルム ストロングワールド ポスター.jpg
製作:2009年(日本) ジャンル:アニメーション/アドベンチャー 上映時間:113分
監督:境宗久 原作:尾田栄一郎
脚本:上坂浩彦 クリーチャーデザイン:尾田栄一郎
音楽:田中公平 主題歌:Mr.Children(fanfare)
声優:モンキー・D・ルフィ(田中真弓)、ロロノア・ゾロ(中井和哉)、ナミ(岡村明美)、ウソップ(山口勝平)、サンジ(平田広明)、チョッパー(大谷育江)、ニコ・ロビン(山口由里子)、フランキー(矢尾一樹)、ブルック(チョー)、金獅子のシキ(竹中直人)、海賊キタジマ(北島康介)、エバー(皆藤愛子)、and more…


【ワンピースフィルム~ストロングワールド~】 解説/あらすじ


国民的な人気を超えて、今や世界でも絶大な人気を誇る、‘週刊少年ジャンプ’連載の漫画『ワンピース』の劇場版第10作目。脚本、クリーチャーデザイン、衣装デザイン、製作総指揮を、原作者である尾田栄一郎が、Mr.Children主題歌を務めることを条件に担当。金獅子のシキ率いる金獅子海賊団と、モンキー・D・ルフィ率いる麦わら一味の壮絶な死闘を描く。シキの声を竹中直人が担当する他、水泳オリンピック金メダリストの北島康介や、『めざましTV』でお馴染みの人気キャスター皆藤愛子に声優として参加。


幼い頃、赤髪のシャンクス率いる赤髪海賊団が村に持ち帰った‘悪魔の実’を食べたことにより、ゴム人間となったモンキー・D・ルフィ(田中真弓)は、海賊王を目指して航海に出て、数々の困難を乗り越え死闘を繰り広げながら、仲間を集めて偉大なる航路‘グランドライン’での旅を続けていた。そんなある時、故郷の海であるイーストブルーが襲われ危機に瀕しているという報せが届く。早速故郷を助けようとイーストブルーに向けて引き返そうとした麦わら一味だったが、突然空飛ぶ巨大な海賊船が現れる。船に乗っていたのは、かつて海賊王と呼ばれた男ゴール・D・ロジャーの時代から大海を暴れまわる伝説の海賊、金獅子のシキだった。ナミの航海士としての実力に目をつけられシキにさらわれてしまい、麦わら一味はメルヴィユという巨大な生物が救う空飛ぶ島で散り散りにされるのだった。


【ワンピースフィルム~ストロングワールド~】映画感想/レビュー


当時はお天気お姉さんとして活躍していた私の大好きなアナウンサー皆藤愛子が、エバー役で声優に挑戦しています。声優として上手いとか下手とか、正直どーでもいいんです可愛いから。


ワンピースを読んでいる、或いはアニメなどを観ている人にとっては、普通に楽しめる内容です。見所として、仲間を思う熱い気持ちなどもありますが、基本的にはすっ呆けたコメディ要素が一番の見所だと思っています。(漫画もアニメも映画も)


原作の漫画の方から大きく脱線することもなく、かと言って大して原作との関連性があるわけでもなく、原作を読んでない人でも楽しめるような(読んでたほうがいいけど)無難と言えば無難な内容。
『クレヨンしんちゃん』や『ドラえもん』などのように、ワンピースの映画は、泣けたりする作品も何作かありますけど、この『ONE PIECE FILM Strong World』に関しては、大して泣けるような要素はありませんが、演出が単純にかっこいいです。


仲間のためにあそこまで出来る漫画の主人公ルフィは、相変わらず抜けてるお笑いキャラであると同時にカッコイイ。
ゴムゴムの実を食べたゴム人間なわけですが、半端ない強さです。
勿論、ゾロ(中井和哉)やサンジ(平田広明)やニコ・ロビン(山口由里子)も無茶苦茶強いしカッコイイし、チョッパー(大谷育江)は相変わらず可愛いし、ナミやウソップ(山口勝平)やフランキー(矢尾一樹)やブルック(チョー)もイイキャラしています。


映画ならではの演出も、賛否両論あろうかとは思いますけどイイんじゃなかろうかなと思います。カッコイイし。
またこの映画には、原作者の尾田栄一郎氏本人が書き下ろした想像性(創造性)豊かなクリーチャー(動物のモンスターたち)の数々や衣装も魅力的ですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422087633
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック