映画『ソナチネ』北野武の唐突に鮮烈なバイオレンス

映画情報


ソナチネ
Sonatine

ソナチネ ポスター.jpg
製作:1993年(日本) ジャンル:ドラマ/クライム 上映時間:93分
監督:北野武、脚本:北野武、音楽:久石譲
出演者:ビートたけし、国舞亜矢、渡辺哲、勝村政信、寺島進、大杉漣、and more…
日本アカデミー賞音楽賞(久石譲)受賞


【ソナチネ】解説/あらすじ


カンヌ国際映画祭で上映され、黒澤明、小津安二郎、溝口健二ら日本を代表する映画監督と肩を並べる海外からの評価を得た『その男、凶暴につき』『3-4X10月』の北野武監督作品。


村川組の組長、村川(ビートたけし)。沖縄の友好的な組織団体、中松組が、阿南組との抗争になったことにより、北島組組長の北島(逗子とんぼ)が、傘下の村川組に、何人かを連れて中松組に手を貸すように指示。村川は組員を連れて沖縄へ。しかし、手打ちになると思われていたこの抗争が、収まるどころか悪化。北島組と阿南組が結託し、村川組と中松組を潰そうとしていたのだった。


【ソナチネ】映画感想/レビュー


1993年の北野武4本目の監督作品となる『ソナチネ』は、非常にバイオレンスな暴力描写があり、観る人にとっては嫌悪感を抱きかねないですが、非常に優れた作品というより、日本を代表する世界に送り出せる映画です。
ストーリー的にはよくある任侠映画の組どうしの抗争を描いてるだけなのですが、沖縄の青い海や空、無邪気に戯れるイイ歳こいた大人達とは対照的に描かれる、ほぼ無感情で意味のなさげな、唐突すぎる暴力シーンの数々は、あまりに冷酷であり鮮烈で、美しくもあり醜く、人間の『死』というものを物凄く身近なものに感じさせます。この唐突さは事故のようなものです。
そんな中に、お笑い芸人ビートたけしとしての単純に笑えるシュールな要素を入れてみたり、『ソナチネ』で描かれていることは、おおよそ無関係そうに見える、生と死のような裏腹の要素が、実は隣り合わせにあるものであるということなのかなと。北野武の監督としての哲学を感じさせます。


『ソナチネ』を撮った後、北野武自身がバイク事故で生死を彷徨ったのは皮肉と言いますか、『ソナチネ』で描いた要素を、我が身をもって体現したというようにも見てとれます。


『ソナチネ』の中には非常に印象的なシーンが数々出てきます。
落とし穴を掘って遊んだり、紙相撲で遊んだり、紙相撲を人間で見立ててやってみたり、そういう笑いのシーンとは裏腹に、金を貸した人間をクレーンで吊るして水攻めにしてみたり、いきなり(ホントに唐突に)建物が銃撃を受けたり爆破されたり、(弾こそ抜いているけど)、笑いながら本物の拳銃でロシアンルーレットに興じてみたり、夢の中で実弾込めた拳銃でこめかみ撃ちぬく夢をみたり…。


一人で暴力団の輪の中に入っていって、暗闇の中でマシンガンを乱射してみたり、兎に角、沖縄の美しく青い海や、無邪気な笑いの要素とは裏腹の鮮烈な印象的なシーンが多々あり、そんなシーンや、独特の間をおいた長回し、編集の妙を観るだけでも、この『ソナチネ』という映画は一見の価値は十分にあります。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック