映画『マイレージ、マイライフ』アナ・ケンドリックが素敵なヒューマン・ドラマ

映画情報


マイレージ、マイライフ
(原題:Up in the Air

マイレージ、マイライフ ポスター.jpg
製作:2009年(アメリカ) ジャンル:ドラマ/コメディ 上映時間:109分
監督:ジェイソン・ライトマン 脚本:ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
出演者:ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ジェイソン・ベイトマン、J・K・シモンズ、and more…


【マイレージ、マイライフ】解説/あらすじ


『JUNO/ジュノ』の監督ジェイソン・ライトマンが、ウォルター・カーンの同名小説を元に、『バーン・アフター・リーディング』のジョージ・クルーニーを主演に迎えて、複雑な現代社会での生き方を描くヒューマンドラマ。共演に『エスター』のヴェラ・ファーミガ、『トワイライト』シリーズのアナ・ケンドリック。など


リストラ対象者に解雇を言い渡す解雇通告人として、322日間世界中を飛び回るライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)。‘バックパックに入らない人生の荷物は一切背負わない’という信念を持つ彼は、他人とは適度な距離を置き、決して干渉や束縛をされることなのない人生を送っていたのだったが、出張先で自分と同じような境遇にいる女性アレックス(ヴェラ・ファーミガ)、そして新入社員のナタリー(アナ・ケンドリック)と出会い接していくうちに、ライアンの持つ価値観が少しずつ揺らいでいくのだった。


【マイレージ、マイライフ】映画感想/レビュー


ジェイソン・ライトマン監督、ジョージ・クルーニー主演の、アカデミー賞5部門にノミネートされたヒューマン・ドラマ『マイレージ、マイライフ』。
この世界的恐慌の不況下において、企業に乗り込み解雇通告を告げるリストラ宣告人なる専門職が主人公という、時代とアメリカ国内に皮肉を込めた映画です。
“バックパックに入らない人生の荷物は一切背負わない”をモットーに恋愛も仕事も人間関係も、結婚願望や自分の親兄弟のことさえも淡白に考え、ただ、マイレージを1000万マイル貯めることだけを人生の目標にして淡々と生きる姿は、どこか人間っぽさがなく、現代サラリーマンの象徴のようで、可笑しいながらもどこか寂しくて哀しい哀愁みたいなものが漂っています。
マイレージ、マイライフ ジョージ・クルーニー.jpg
ある時、主人公のライアン(ジョージ・クルーニー)が出会うのが、自分と同じ匂いのするキャリア・ウーマンのアレックス。(ヴェラ・ファーミガ)似たもの同士意気投合してお互い割り切った付き合いをするのですが、同じ考えをもったアレックスと出会ってしまったからこそ、自分の存在意義を感じ始め、今の自分がどういう状態であるかを考えだし、淡白な価値観が揺らぎだします。
マイレージ、マイライフ ジョージ・クルーニー ヴェラ・ファーミガ.jpg


そして典型的な現代っ子であり、自分の存在を脅かす提案を出す新人社員のナタリー(アナ・ケンドリック)との出会い。
ナタリーの存在は、ライアンから仕事というものを奪いかねないものであり、彼女との出会いによって、更に今までの自分というものを考えるようになります。
インターネット上で解雇通告をしようと提案するナタリーと、あくまで対面して解雇通告しようとするライアンでは圧倒的に違いがあるようであって、実はそーではない。
ライアンは対面してリストラを宣告しても、上辺だけの慰めでそこには心のある言葉などなかったから、実際やっていることは二人とも大差はないのだけれど、だからこそライアンは今までの自分自身というものを見つめだします。
マイレージ、マイライフ アナ・ケンドリック.jpg
そこで見えてきたのが、順風満帆なようで実はあまりにも希薄すぎる人間関係というもので、家族でさえも遠ざけてきたライアンは、逆に家族にすらも蔑ろにされており、表面だけ覆われた脆い存在で、そこで気づいたときに初めて、自分の生きてきた人生、存在の脆弱さから逃れようとする。


自分自身の存在を、マイルで換金することなどできないのである。
というメッセージ性を持った、人間の人生改造計画的な映画であり、ハートフルなようであって皮肉でブラックに満ちたユーモアに富んでおり、最終的には結構鬱な映画なんじゃないかなと思います。


ジョージ・クルーニーの演技がいいこともさることながら、この映画、ナタリー役のアナ・ケンドリックがとても素敵ですね。おっちょこちょいで若干天然っぽいところとか最高です。


ちょっとスタイリッシュすぎるかな?と思うところがあったので、もうちょっと笑いの要素があってもよかったかな?とも思いますが、単純にオススメです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

マイレージ・マイライフ
Excerpt: 年間出張322日。 全米中を飛び回り、企業のリストラ対象者に解雇を通告する“リストラ宣告人”、ライアン・ビンガム。 夢の目標1000万マイル達成だけが彼の存在証明。 「バックパックに入らない荷物はいっ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-07-05 08:12