映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』この男、真面目すぎる!

映画情報


キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
(原題:Captain America: The First Avenger

キャプテン・アメリカ ファースト・アベンジャー ポスター.jpg
製作:2011年(アメリカ) ジャンル:SF/アクション 上映時間:124分 次作:キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
監督:ジョー・ジョンストン 原作:ジョー・サイモン、ジャック・カービー 脚本:クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー 音楽:アラン・シルヴェストリ
出演者:クリス・エヴァンス、ヘイリー・アトウェル、ヒューゴ・ウィーヴィング、セバスチャン・スタン、スタンリー・トゥッチ、ドミニク・クーパー、トミー・リー・ジョーンズ、and more…


【キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー】解説/あらすじ


最初のアベンジャー最後に登場。『アイアンマン』『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン2』『マイティ・ソー』と続くマーベル・コミック原作の一連の『アベンジャーズ』関連作品(同じ世界を共有する‘マーベル・シネマティック・ユニバース’関連)で、最初のヒーローにして最後の登場となるキャプテン・アメリカの誕生と、愛国者としての戦いを描いたSF/アクション映画。監督は『遠い空の向こうに』『ウルフマン』のジョー・ジョンストン。キャプテン・アメリカを演じるのは『ファンタスティック・フォー』のクリス・エヴァンス。ヒロイン役に『ある公爵夫人の生涯』でエリザベス・フォスターを演じたヘイリー・アトウェル。共演にはスタンリー・トゥッチやトミー・リー・ジョーンズ、ヒューゴ・ウィーヴィング、ドミニク・クーパー等実力派が顔を並べる。


第二次世界大戦真っ只中の1942年。アドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツがヨーロッパで猛威を振るっていた頃、愛国心に溢れる青年スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は、祖国アメリカを守る為に軍への入隊を夢見て志願するも、小さくて細い身体と虚弱体質のために不適格とされ入隊を拒み続けられていた。失意に陥るスティーブだったが、ある時SSR(戦略科学予備軍)のエイブラハム・アースキン博士(スタンリー・トゥッチ)に強い正義感と度胸を見込まれ、‘スーパーソルジャー計画’というプロジェクトに誘われ、スティーブはこのプロジェクトに参加することに。実験は見事成功し、スティーブのひ弱な身体からは想像できない程に筋肉隆々のたくましい身体になるのだったが…。


【キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー】映画感想/レビュー


最初のヒーローにして、『アベンジャーズ』の中では最後の登場となるキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)。この男、とんでもない愛国心の塊である。ひ弱な身体で、どれだけ虐げられようが決して屈しない。そんな強い心と愛国心を持ちながらも、軍隊にはことごとく入隊を拒否されてしまう。なんとも泣かせる話でございますが、スティーブさん、ひたすらポジティブ。ネガティブになるどころか、寧ろ悔しさをバネにして何事にも積極的にチャレンジ。真面目すぎるし、少々暑苦しい気もするけれど、こういう生き方は見習うべきところがある。オーストリアの精神分析医であり心理学者であったアルフレッド・アドラーがスティーブ少年を見たらきっと、彼の生き方をお手本にすべきである。とかなんとか言ってたんじゃないかと思う。
キャプテン・アメリカ ファースト・アベンジャー クリス・エヴァンス.jpg


ただこの映画、スティーブという愛国心の強すぎる青年が主人公だからなのか、アメリカンのプロパガンダ臭がプンプンする。見上げた根性、見上げた愛国心、見上げた自己犠牲精神ではあるけれど、ここまでやられると鼻に付く。わざとやって、逆に批判してるんだと信じたい。しかしそれではキャプテン・アメリカという全身でアメリカの象徴を身に纏ったキャプテン・アメリカというヒーローの立場がない。
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー.jpg


『アイアンマン』のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)の父、スターク・インダストリーズの社長はハワード・スターク(ドミニク・クーパー)の登場と、スターク・インダストリーズ社製のマシーンを使ってスーパーソルジャーキャプテン・アメリカとなっているという事実がプロパガンダに拍車をかける。スターク・インダストリーズは軍需産業である。ここでは自ら望んでスーパーソルジャーという兵器に成り代わり、それをヒーローとして描いている。といっても最初からヒーローだったわけではなく、それこそ本当にアメリカの戦意高揚プロパガンダのために歌ったり踊ったりさせられているので、当時のアメリカを皮肉った上で、今のアメリカのプロパガンダなんでしょ?とか思う。善いとか悪いとかは置いておいて。
ということで、キャプテン・アメリカの苦悩や葛藤の描写が欲しかったというのが本音のところ。


アクションシーンは、派手でカッコイイシーンもありますが、3Dで鑑賞しなければならないというほどのものでもありません。2Dで楽しめます。基本的に素手と盾でしか戦いませんし、ハルクほど圧倒的というわけでもなければ、ブラック・ウィドウ程華麗に戦うというわけでもないし。キン肉マンで言ったらテリーマン(そのまんまだけど)。


この映画は、‘スパーソルジャー計画’が『インクレディブル・ハルク』と繋がっていたり、ハワード・スタークの存在が『アイアンマン』と繋がっていたり、コズミック・キューブというオーディンの宝物が『マイティ・ソー』と繋がっていたり、そもそもエンディングが『アベンジャーズ』の予告になっているというクロス・オーバー作品になっています。
何気に豪華俳優の共演が見られるし、純然たるヒーローものとして楽しめる映画です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック