映画『トゥルー・ロマンス』タランティーノ脚本のロード・ムービー

映画情報


トゥルー・ロマンス
(原題:True Romance

トゥルー・ロマンス ポスター.jpg
製作:1993年(アメリカ) ジャンル:ロマンス/クライム/ロード・ムービー 上映時間:121分
監督:トニー・スコット 脚本:クエンティン・タランティーノ 音楽:ハンス・ジマー
出演者:クリスチャン・スレーター、パトリシア・アークエット、デニス・ホッパー、ブラッド・ピット、クリストファー・ウォーケン、ゲイリー・オールドマン、サミュエル・L・ジャクソン、ヴァル・キルマー、and more…


【トゥルー・ロマンス】解説/あらすじ


『トップガン』のトニー・スコット監督、『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』のクエンティン・タランティーノ脚本による、バイオレンス・ロマンス・ロード・ムービー。主演は『薔薇の名前』のクリスチャン・スレーターと、『インディアン・ランナー』のパトリシア・アークエット。脇を固めるのは、デニス・ホッパー、ブラッド・ピット、クリストファー・ウォーケン、ゲイリー・オールドマン、サミュエル・L・ジャクソン、ヴァル・キルマーといった豪華キャストたち。


エルビス・プレスリーとカンフー映画が大好きなビデオショップ店員のクラレンス(クリスチャン・スレーター)は、誕生日に映画館で千葉真一が出演する映画を観ていたところ、コールガールのアラバマ(パトリシア・アークエット)と出会い、恋に落ちて直ぐに結婚する。アラバマの元ヒモだったドレクスル・スパイビー(ゲイリー・オールドマン)の元に行き話をつけに行くが、誤って元ヒモを殺してしまう。アラバマの物と間違えて持ってきてしまったスーツケースの中には、大量のコカインが入っていた…。


【トゥルー・ロマンス】映画感想/レビュー


クエンティン・タランティーノの脚本を、トニー・スコット監督で描いたロマンス且つバイオレンスな逃避行型ロード・ムービー。
千葉真一のカンフー映画3本立てや、狭い室内でのバイオレンスシーン、いちいちカッコイイセリフ回しなど、カンフー映画やB級映画マニアであり、拷問マニアであるタランティーノらしさが随所で光つつも、ロマンチックなラブシーンやハッピーエンドはタランティーノらしくなく、トニー・スコットっぽい。というイイとこ取りの映画であるようで、エンディングに関してはタランティーノとトニー・スコットの間でいざこざこざがあったらしい。ですが、それをクリスチャン・スレーターが、「クエンティン、クラレンスを殺さないでくれ。頼むよ」とか懇願して、タランティーノは渋々了承したんだとか。


誕生日にカンフー映画の3本立てを一人で観に行ったり、スパイダーマンの読める本屋で働くクリスチャン・スレーター演じるクラレンスが、昔のタランティーノの投影であることは言うまでもなく、クリスチャン・スレーターも、この平凡なようでキレているクラレンスを素晴らしい演技で見事に演じきっています。


ヒロインのコールガール、アラバマを演じたパトリシア・アークエットは、こちらもかなりのキレ役ながら、物凄くキュートで可愛いすぎる。
トゥルー・ロマンス クラレンス.jpg


この2人の逃避行、だいぶ現実離れしているのですが、これが究極・真実のロマンスという感じで、かっこよくもありつつ哀愁があったり、どこか泣かせる感じもあったりで素晴らしいです。
主演2人の演技、脚本が素晴らしいのもあるのですが、この『トゥルー・ロマンス』という映画、脇を固める俳優さん達が、豪華且つ個性的な演技派の役者揃い!


アラバマの元ヒモでポン引きのドレクセルを演じたゲイリー・オールドマンは、目にカラーコンタクトを仕込んで奇抜なヘアースタイルをした如何にもキレてそうな役柄ですが、その期待を裏切ることなく、ちょい役ながらゲイリー・オールドマンらしいキレっぷりを披露してくれています。
トゥルー・ロマンス ゲイリー・オールドマン.jpg
ゲイリー・オールドマンは、『シド・アンド・ナンシー』にしても『レオン』にしても、主演だろうが助演だろうが、こういうイッちゃってる感じのキレた役をやらせると、怖いくらいの怪演をします。
ご本人は、自分が出ている映画で、わが子に見せれる映画が殆どないと嘆いておられたようで、『ハリー・ポッター』でまとも?な役を掴んで喜んでたようですが、私はキレたゲイリー・オールドマンが大好きです。


『トゥルー・ロマンス』には、2枚目実力派俳優ブラッド・ピットも、駄目人間っぽい汚れ役で登場します。
ブラピが出てきた瞬間、役柄は全然違うのに、逃避行ものの映画ということでなのか、トニー・スコットの実兄リドリー・スコット監督の『テルマ&ルイーズ』が真っ先に思い浮かびましたが、こちらのブラピは兎に角、「口軽いなお前」と言いたくなる。
トゥルー・ロマンス ブラッド・ピット.jpg
こんな2枚目の俳優さんですが、幅広い演技ができる素晴らしい役者さんです。


この映画の名シーンの一つが、狭い室内でのバイオレンスな銃撃戦もさることながら、映画界の重鎮デニス・ホッパーとクリストファー・ウォーケンの演技合戦という名の掛け合いシーン。兎に角緊張感が物凄い。
トゥルー・ロマンス 一触即発.jpg
狭い室内で、危ない雰囲気をプンプン臭わせる一触即発のムードは、タランティーノの十八番ですが、このシーンは名シーンであり必見!
クリストファー・ウォーケンの『殺る』って感じの演技も、デニス・ホッパーの覚悟を決めた『殺られる』って感じの演技も巧すぎます。
タランティーノの脚本と、トニー・スコットの監督としての手腕がイイ感じにマッチした傑作です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421466998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トゥルー・ロマンス
Excerpt: クラレンスはプレスリーとカンフー映画がなによりも好きだ。 ある日、誕生祝に勤め先のビデオ・ショップ店長から贈り物が届く。 なんとコール・ガール、アラバマだった。 二人は意気投合、結婚するため彼女のヒモ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-07-01 01:55