映画『アベンジャーズ』マーベルヒーローズ大集結のアクションコメディ

映画情報


アベンジャーズ
(原題:Marvel's The Avengers

アベンジャーズ ポスター.jpg
製作:2012年(アメリカ) ジャンル:アクション/SF 上映時間:143分
監督:ジョス・ジョス・ウェドン
原作:スタン・リー、ジャック・カービー
脚本:ジョス・ウィードン 音楽:アラン・シルヴェストリ
出演者:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、クラーク・グレッグ、コビー・スマルダーズ、ステラン・スカルスガルド、グウィネス・パルトロー、and more…


【アベンジャーズ】解説/あらすじ


マーベル・コミックス、及びマーベル・スタジオズのアイアンマン(アイアンマン)、キャプテン・アメリカ(キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー)、ハルク(インクレディブル・ハルク)、ソー(マイティ・ソー)、ホークアイ、ブラック・ウィドウ(アイアンマン2など)等のマーベルヒーローズが大集結し、最強チーム‘アベンジャーズ’を結成して地球を守るべく大暴れ!‘マーベル・シネマティック・ユニバース’フェイズ1の集大成。


S.H.I.E.L.D(国際平和維持組織)が研究を進めてきた、万能の力を持つ四次元キューブが、神々の国アスガルドから地球に飛ばされてきたロキ(トム・ヒドルストン)によって奪われる。この絶対絶命の危機に、S.H.I.E.L.D.の長官フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)は、最強の集団アベンジャーズを結成することを決意し、ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)を派遣先のインドから呼び戻し、トニー・スターク(アイアンマン)、スティーブ・ロジャーズ(キャプテン・アメリカ)、ブルース・バナー(ハルク)、ソー等が集結するも、互いのエゴやトラウマが衝突し、アベンジャーズは結成前から機能不全に陥るのだったが…。


【アベンジャーズ】映画感想/レビュー


マーベル・コミックスが誇るマーベルヒーローズが一斉に集まったこの豪華なオールスター映画。ヒーロー達の中の人たちも、ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン)、スカーレット・ヨハンソン、(ブラック・ウィドウ)、マーク・ラファロ(ハルク)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)、クリス・ヘムズワース(ソー)、ジェレミー・レナー(ホークアイ)、更にはヒーロー達を統括する人物としてサミュエル・L・ジャクソンと豪華極まりないメンバーが集結。そして結果面白い!何も考えずに興奮してスッキリ観られる極上のエンターテイメント!勿論単純な肉弾戦から、ハイテクを駆使したCGを贅沢に使ってのアクションシーンまでカッコイイ!
アベンジャーズ ソー キャプテン・アメリカ.jpg
カッコイイ極上のエンターテイメントだから敢えて言います。これは潤沢な制作費を盛大に使った大規模なコメディ映画!いちいち笑えるシーン満載。
例えばナターシャが派遣先でこれから拷問というところでかかってくるエージェント:フィル・コールソン(クラーク・グレッグ)からの電話。ピンチなようで全然ピンチじゃない。ナターシャもフィルも余裕である。


ナターシャ「(今から仕事片付けるから)電話切らないでちょっとまってて。」

電話越しにドカドカバキバキ格闘音が聞こえてきてる時のフィルの表情余裕すぎ。
しかしフィルさんがロキと対決するシーンは燃えました。この人超絶パワーを持った人ではないけど熱い人である。故に、ロキがドラゴンボールの天津飯かのように残像拳だか四身の拳だか使った時は、ロキがとんでもない悪役に見えました(MTVムービー・アワード悪役賞受賞)。でも吹っ飛ばしてくれたからスカっとした。


トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)のコメディアンっぷりはいつものことだけれど笑えるし、宇宙からやってきたチタウリが、地球で暴れだして、アベンジャーズも奮闘している時の、キャプテン・アメリカと警官のやりとり。キャプテン・アメリカが避難の指示を出していると…


警官「(ん?)なんであんたの指示を聞かなきゃいけないんだ?」

キャプテン・アメリカさん、そこら辺で暴れまわってるチタウリ軍を冷静に且つ圧倒的に処理。


おまわりさん「よーし!ここは危険だぁ!みんな避難だぁ!」

圧倒的な熱い手のひら返し。等々、『アベンジャーズ』にはアメリカン・ジョークや、すっとぼけの類がよく出てきます。突き抜けたアメリカ具合。キャプテン・アメリカを筆頭に、アメリカのプロパガンダも多分に含まれているというか、単純にお金の匂いがしないでもないですけど、シリアスにならずにここまで突き抜けてくれると、逆に清々しいですね。
エンド・クレジット後のオマケで、シャワルマ(トルコ料理:ケバブの一種)を、アベンジャーズみんなで食べるという伏線を回収しながら笑わせにかかってるのもまたいい。
アベンジャーズ マーブルヒーローズ.jpg


音楽をハリウッド御用達で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『プレデター』シリーズ、『フォレスト・ガンプ/一期一会』などで使われる曲を作曲しているアラン・シルヴェストリが担当していますが、サウンドトラックには、サウンドガーデン、パパ・ローチ、エヴァネッセンス、バック・チェリー、ファイヴ・フィンガー・デス・パンチなどの、ロックやオルタナ、ハードロック、ゴシック、ヘヴィ・メタル等々が好きな人には嬉しい面々が参加しています。音楽も含めて、エンターテイメント性の高い映画ですね。
2015年7月4日から続編の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が日本で公開されます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

アベンジャーズ
Excerpt: 国際平和維持組織シールドの基地で極秘に研究されていた、世界を破壊する力を持つ四次元キューブが、別世界へとつながる扉を開いてしまった! そこから現れたのは神々の国アスガルドを追放され、地球の支配を目論む..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-07-01 00:42