映画『アンタッチャブル』階段乳母車シーンが光るロバート・デニーロ出演作品

【映画情報】


アンタッチャブル
(原題:The Untouchables

アンタッチャブル 画像.jpg
製作:1987年(アメリカ) ジャンル:クライム/ドラマ 上映時間:119分
監督:ブライアン・デ・パルマ
原作:オスカー・フレイリー
脚本:デイヴィッド・マメット
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演者:ケヴィン·コスナー、ショーン·コネリー、ロバート·デ·ニーロ、アンディ・ガルシア、チャールズ・マーティン・スミス、パトリシア・クラークソン、and more…
アカデミー賞:助演男優賞受賞(ショーン・コネリー)


【アンタッチャブル】解説/あらすじ


1930年代、禁酒法時代のシカゴを舞台に、実在した暗黒街の帝王アル・カポネと、彼を逮捕しようとする財務官たちの戦いを描いたTVシリーズの映画化。監督は『スカーフェイス』のブライアン・デ・パルマ。


1930年の禁酒法時代。密造酒が膨大な利益をあげ、闇組織が幅を利かせ暗躍していたシカゴへ、財務省のエリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)特別捜査官として派遣される。仕事熱心で野心家のネスは、シカゴで特に強大な力を持ち、ボスとして君臨していたアル・カポネ(ロバート・デニーロ)を逮捕すべく、密造現場を摘発しようとするが、警察上層部をも買収しているアル・カポネに上手くかわされてこれに失敗。失態をマスコミに取り上げられ、落ち込むネスに、初老の警官ジム・マーロン(ショーン・コネリー)が手を貸すことになり、警察官学校を出たジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)と、財務省からネスの応援で派遣されたオスカー・ウォレス(チャールズ・マーティン・スミス)を従え‘アンタッチャブル’を結成し、新たな決意を胸に、アル・カポネ逮捕に乗り出すのだったが…。


【アンタッチャブル】映画感想/レビュー


禁酒法時代のシカゴを舞台に、正義(エリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)率いるアンタッチャブル)が、不正を犯す悪(ロバート・デ・ニーロ扮するアル・カポネ一味)を逮捕すべく命がけで奮起するという、いたってシンプルなマフィア映画。
しかし、このシンプルな映画も、ブライアン・デ・パルマの手腕によって、俳優達の演技が引き出され、シンプルなストーリの中にも美しいシーンや、悲哀に満ちたシーン、血なまぐさいシーンなど巧みな演出が光っています。
アンタッチャブル ロバート・デ・ニーロ.jpg
ロバート・デ・ニーロは、アル・カポネを演じるにあたり、メソッドアクトに拘って毛髪を抜き、次の撮影が決まっていた為に顔だけを太らせ、身体はボディスーツを着込むという流石のデ・ニーロ・アプローチを披露しています。その演技も身振り手振りの大きいオーバーアクト気味ながら、流石の貫禄。


オスカーとゴールデングローブで助演男優賞を受賞した警官のジム・マローンを演じるショーン・コネリーも、デ・ニーロと並び貫禄の演技ですが、ケヴィン・コスナー、アンディ・ガルシアなども、この2人の偉大な俳優に喰われないだけの演技をしています。
しかし俳優の演技だけに注力せず、映像作家として本領を発揮しているデ・パルマ監督の手腕が何よりも凄い。
この映画の中でもっとも印象に残るところで、ケヴィン・コスナーとアンディ・ガルシアが活躍するシーンがあります。有名な駅での階段乳母車シーンですが、これは、セルゲイ・M・エイゼンシュタインの『戦艦ポチョムキン』の「映画史上最も有名な6分間」と呼ばれるオデッサの階段シーンのオマージュですが、このシーンの演出が感動で鳥肌が立ち、涙が溢れるくらいに美しく、そしてカッコイイ。
アンタッチャブル 階段 乳母車.jpg
カット割からほぼ無音に近いような音楽、スローモーション、銃声、乳母車が階段から落ちていく音、どれをとっても完璧な名シーンです。
戦艦ポチョムキン』の1925年というサイレント映画の時代に、モンタージュという当時としては革新的な技法に拘って撮られたオデッサ階段のシーンは、映画史に大きな影響を与えましたが、映像の美的表現という意味では、どうしても『アンタッチャブル』のこのシーンに軍配が上がると個人的には思います。


極めつけは、アンディ・ガルシア扮するジョージ・ストーンがギリギリのところで赤ん坊の乗った乳母車を足で死守し、ネスが近くにかけより、人質をとって喚いているカポネの仲間がONEと言った後…


ネス「狙いは?」
ストーン「完璧です!」
映画『アンタッチャブル』の名台詞

というやり取りの後、一瞬で敵を片付け、ストーンが「TWO」と言うところは、かっこよすぎてたまらない。
そんな評価の高い名シーンが多数ある映画が『アンタッチャブル』なのですが、決して血なまぐさいだけの映画になっていないところに好感が持てます。デ・パルマの手腕に俳優の演技力が光る美しい傑作!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421104771
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アンタッチャブル
Excerpt: 1930年代、禁酒法下のシカゴを公然と支配する暗黒街の帝王アル・カポネ。大いなる理想に燃え、正義と自由の国アメリカのために、若き財務省特別捜査官がカポネを倒すために立ち上がった! バイオレンス・アクシ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-06-22 15:01