映画『シンデレラ』ディズニーの名作を実写化

映画情報


シンデレラ
(原題:Cinderella

製作:2015年(アメリカ)
監督:ケネス・プラナー
出演者:リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、リチャード・マッデン、ヘレナ・ボナム=カーター、ステラン・スカルスガルド、and more…


【シンデレラ】解説/あらすじ


シャルル・ペローの原作を1950年に映画化した名作ディズニーアニメの実写化。監督はシェイクスピア俳優として有名で、『マイティー・ソー』などを監督しているケネス・プラナー。『タイタンの逆襲』でコリーナ役を演じたリリー・ジェームズがヒロインのシンデレラを演じる。共演には『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェットなど。『アナと雪の女王』の短編アニメーション『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』を同時上映。


幼い頃に母(ヘイリー・アトウェル)を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、母の遺した「どんなに辛いことがあっても勇気と優しさを忘れないで」という言葉を胸に、立派な優しい女性へと成長していた。ある日、父(ベン・チャップリン)が再婚し、継母(ケイト・ブランシェット)とその娘2人を迎え入れるが、父が不慮の事故で命を落としてしまう。両親を亡くしたエラは、継母や義理の姉妹からの理不尽な仕打ちを受け、屋根裏部屋に追いやられ、灰にまみれた姿からシンデレラ(Cinder+ella)と名づけられ、耐えられなくなったエラは、家を飛び出し森へ行くが、そこでキット(リチャード・マッデン)という青年に出会い笑顔を取り戻す。そんなある日、城で王子の花嫁となる女性を探すための舞踏会が開かれるが決まり、エラのところにも招待状が届くが、継母に許されるはずもなく途方に暮れるのだが、彼女の前に老女が現れる。老女は夢を叶える妖精フェアリー・ゴッドマザー(ヘレナ・ボナム=カーター)だった。妖精の魔法によって、エラは美しい青のドレスを身に纏い、カボチャは馬車になり、ネズミは馬、トカゲは馭者へと姿を変え、足元にはガラスの靴を与えられ、念願の舞踏会に出かけるのだった。


【シンデレラ】映画感想/レビュー


シャルル・ペロー原作で1950年のディズニーによる名作アニメーション『シンデレラ』。世界中で愛され、誰もが知っているこの物語。ケネス・プラナー監督で、リリー・ジェームズをヒロインに迎えたこの実写版も、ストーリーに真新しさは全くありません。まさしくオールドスタンダードでありながらワールドスタンダードです。


65年経って実写化されたこの映画ですが、まず、単純に子供向けとか女性向けとか言えない作品に仕上がっています。老若男女を問いません。問われるのは個人の感性と考え方です。お子様ランチみたいな話はつまらない。という人には向かないのかもしれませんが、そのお子様ランチを好んで食べる子供や、頭の中にお花畑を咲かせたメルヘン志向の人だけに向けた映画というわけでもないと思います。
つまらないこと、辛いこと、悪いこと、それらをどう感じるべきか、感じようとするべきかということのヒントは、この映画のなかにはっきりと出てきています。
それを感じる気もないのなら、今のところ相変わらずネガティブに溜め息漏らしながら、もはやそれ自体が目的かのように生きていればいい。


映画の中では目の覚めるような鮮やかな青が多く使われています。青い鳥や、青いドレスに青い蝶々。青く輝くスワロフスキー製のガラスの靴。
『青い鳥』はメーテルリンクの戯曲であり、チルチルとミチルが幸福を呼ぶといわれる青い鳥を探して旅に出ますが、探し回った挙句、家の鳥籠の中のキジバトが青い鳥に姿を変えていて、幸せは最初から傍にあったんだ。というお話し。或いは、幸せを得るためには(感じるためには)、苦労を知ることも必要なんだというお話し。
深読みかもしれませんが、私の解釈としては、映画の中で使われる青という色は、幸せの象徴のように感じました。当たり前のことを優しく教えてくれる映画だと思います。


シンデレラ役に抜擢されて、一躍注目の的となったリリー・ジェームズさんは、まだ26歳。イギリス国籍の綺麗な女優さんですが、これからどういう活躍をするのかが楽しみですね。
継母役を務めたケイト・ブランシェットの悪女っぷりというかシンデレラに対する嫉妬っぷりが凄かった。また、ヘレナ・ボナム=カーターですが、この人はティム・バートンの一連の作品にしろ、ハリー・ポッターシリーズでのベラトリックス・レストレンジ役にしろ、独特の役柄がとてもハマりますね。


【シンデレラ】関連DVD,ブルーレイなど


同時上映された短編『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』も収録されたブルーレイ(2015年9月2日発売予定)
シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック