手紙(山田孝之、沢尻エリカ)

映画情報


手紙
製作:2006年(日本)
監督:生野慈朗 原作:東野圭吾(手紙) 出演者:山田孝之、沢尻エリカ、玉山鉄二、吹石一恵、尾上寛之、and more…


【手紙】解説/あらすじ


東野圭吾の同名小説を映画化。弟を大学に入れるために犯した強盗殺人の罪で服役した兄と、そのことによって差別を受ける弟やその家族の苦悩を描く。主演は『電車男』、テレビドラマ『白夜行(東野圭吾原作)』の山田孝之、共演に『パッチギ』、ドラマ『1リットルの涙』の沢尻エリカ、『NANA』の玉山鉄二など。


工場で働く武島直貴(山田孝之)は、寺尾祐輔(尾上寛之)とお笑いコンビ‘テラタケ’を組みながらも、職場では人に心を開かず、毎朝同じバスに乗り、工場の食堂で配膳係をしながら直貴に積極的に話しかける由美子とも距離を置いていた。彼には人に知られたくない秘密があった。直貴の兄、剛志は、直貴を大学に入れるために強盗殺人を犯してしまい、無期懲役で服役していた。ある日、月に1度の兄からの手紙を工場の同僚に見られてしまった直貴は、職場を離れる。お笑いコンビ‘テラタケ’はTVにも出演し、成功への道を歩み、愛する女性も現れるのだったが…


【手紙】映画感想/レビュー


東野圭吾の小説であり、この映画の原作である『手紙』は、紛れもなく名作の部類に入る小説です。そして映画化された『手紙』。山田孝之は本当にイイ俳優である。コミカルな演技もできるけれど、影のある役をやらせると、日本のこの世代で、彼の右に出るものはそうそう居ないのではないだろうかと思わせる。
玉山鉄二は刑務所に入った兄の剛志役だけれど、落ち着いた雰囲気が出てていい。
そしてこの頃の沢尻エリカ。特にナチュラルメイク時、可愛いにも程があります。この人はこういう役柄の方が向いてると、勝手に思ってます。演技云々どうでもいいです。沢尻エリカが眼鏡姿で登場した時には目がハートになってました。


映画の内容の方ですが、原作とは若干の相違点があります。原作ではバンドマンを目指した直貴が、映画ではお笑い芸人を目指していますが、映画として観た場合、この変更は大成功なんじゃないかと思います。


以下ネタバレになります。
兄との手紙のやり取りも絶ち、兄弟の縁を切った直貴が、祐輔と共に刑務所に慰問して、最後に諦めていたお笑いで漫才をしますが、囚人が沢山居る中、自分の兄ただ一人に、剛志と祐輔だけにしか理解できないであろう言葉を用いて、小田和正の『言葉にできない』が流れる中で、剛志が手を合わせ、鼻水が垂れるのにもかまわず涙を流します。このラストシーンが、剛志が被害者に手紙を送り続けていたのは、彼にとっての般若心経だという伏線をうまく回収して、涙無しでは観れませんでした。このシーンの玉山鉄二の演技が本当に素晴らしい。


犯罪や、それによる差別とか、重いテーマを題材にしていて実際重いわけですが、その重いテーマを通して、人の生き方とか、何が大切かとか、そういうのを凄く考えさせられました。凄く厳しい言葉も出てきます。単に感動できるというだけではなく、その中から何かを感じ取れる素晴らしい映画です。東野圭吾の原作を読む間が無い方に特にオススメです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック