映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ主演の王道ラブコメディ

映画情報


プラダを着た悪魔
(原題:The Devil Wears Prada

製作:2006年(アメリカ) ジャンル:コメディ/ドラマ/ロマンス
監督:デヴィッド・フランケル
出演者:アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グルニアー、and more…


【プラダを着た悪魔】解説/あらすじ


ファッション雑誌『ヴォーグ』でアシスタントをしていた、ローレン・ワイズバーガーの小説『プラダを着た悪魔(原題:The Devil Wears Prada)』を、『プリティー・プリンセス』シリーズ、『ブロークバック・マウンテン』のアン・ハサウェイ主演。共演者に『マディソン郡の橋』のメリル・ストリープ、『ナターシャの歌に』のエミリー・ブラント等で映画化。


ジャーナリスト志願で、ファッションに疎く、オシャレにも無関心なアンディ(アン・ハサウェイ)が、大学を卒業して田舎からニューヨークに出てきて就いた職業は、一流ファッション誌ランウェイの編集部だった。しかし編集長は、ファッション業界にカリスマ的影響力を持つミランダ(メリル・ストリープ)で、アンディはそのミランダのアシスタントとして働くことになるのだが、ミランダは仕事に対して理不尽なほどに厳しすぎる、鬼のような女だった。


【プラダを着た悪魔】映画感想/レビュー


ファッション雑誌『ヴォーグ』でアシスタントをしていたローレンス・ワイズバーガーの同名ベストセラー小説『プラダを着た悪魔』を、魅力的な美しさ(可愛さ)を誇るアン・ハサウェイと、女優版ロバート・デ・ニーロとでも言うべえき名女優メリル・ストリープの共演で映画化した、アメリカらしいロマンティックラブコメディ映画。
正直私、女性のファッションとかさっぱりわかりませんし、ヴィトンだろうがシャネルだろうがプラダだろうが、ブランドやファッションというものに全くと言ってもイイほどに興味がない。しかし、女性はこういうの好きなんだろうなぁって、男の私でも思います。映画中のプラダを始めとする衣装や、それを着こなすファッションセンスも、イイものはイイんだなと素直に思いました。
なんと言ってもアン・ハサウェイの魅力がたっぷりです。恋に仕事にと一生懸命に泣いたり怒ったりしながらでも頑張る女性、もといアン・ハサウェイ。素敵だと思います。
映画を観て楽しむ動機がなんだってイイじゃないかと思うわけですが、女優さんが綺麗だから、好きだから、内容がどうであれ観る。それでいいと思います。この『プラダを着た悪魔』にしても、別に女性だけが楽しめる、女性のためだけの映画というわけでもありません。男性もアン・ハサウェイに萌えてみたりとかしてみればイイと思います。女性のファッションにだって綺麗なものは綺麗で目を向ければいい。


綺麗でキュートすぎるアン・ハサウェイにのみ目が行きがちですが(贔屓目にみているかもしれません)、アシスタントのエミリー役を演じたエミリー・ブラントの演技もよかったです。綺麗な上にしっかり演技もできる、現在注目されていきている女優さんですね。


女性版ロバート・デ・ニーロとも称される、演技派の名女優メリル・ストリープ演じるミランダは、イギリスの元首相で『鉄の女』の異名をとるマーガレット・サッチャーが真っ先に頭に浮かんできたのは私だけか?と思ったら、後に『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』という映画でサッチャーを演じて、アカデミー賞主演女優賞受賞しました。
こんな厳しくて恐ろしい上司がいたら、女性のみならず、男の私も恐ろしくて震えます。(でもキャリアウーマンというより、人間的なかっこよさがある)が、そんな恐ろしい、まさに『プラダを着た悪魔』的な演技をしたメリル・ストーリープは、流石としか言いようがありません。


良くも悪くもアメリカ的ないかにもハリウッド映画らしい映画ですが、アン・ハサウェイやエミリー・ブラントの小悪魔的な可愛さもさることながら、メリル・ストリープの悪魔的な強さ、怖さ、上手さ諸々が、映画に厚みをつけている要因であることは疑う余地もなく、映画らしい素敵な映画だなと思います。
ファッションや仕事や恋などの女性的視点からのみならず、男性も単純にアン・ハサウェイとかエミリー・ブラントが綺麗って動機で観ればいい!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック