映画『ワイルド・アット・ハート』デヴィッド・リンチ風オズの魔法使い

【映画情報】


ワイルド・アット・ハート
(原題:Wild at Heart)

製作:1990年(アメリカ) ジャンル:ドラマ
監督:デヴィッド・リンチ
出演者:ニコラス・ケイジ、ローラ・ダーン、ダイアン・ラッド、ウィレム・デフォー、イザベラ・ロッセリーニ、and more…


【ワイルド・アット・ハート】


デヴィッド・リンチ監督による1990年カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品。人間のバイオレンスな欲望を描き出したロード・ムービー。
過保護なほどに娘のルーラ(ローラ・ダーン)に執着する母親マリエッタ(ダイアン・ラッド)は、ルーラが恋人のセイラー(ニコラス・ケイジ)と一緒にいることが許せず、セイラーの元に殺し屋を差し向けるが、セイラーは殺し屋を殴り殺してしまい、刑務所で服役することに。
数年後、ルーラは仮釈放の身となったセイラーを迎えに行き、ホテルに泊まった後、保護観察を無視してカリフォルニアへの逃避行となったが、マリエッタはルーラのことを諦めきれず…。


【ワイルド・アット・ハート】映画感想/レビュー


イレイザーヘッド』の奇妙且つ奇抜な独特の世界感を持った映画で長篇デビューを果たし、その後『エレファントマン』『砂の惑星』『ブルーベルベット』などの独特の"リンチワールド"とも呼べる世界感の映画を経て製作された、ニコラス・ケイジとローラ・ダーン主演の、デヴィッド・リンチ流ラブストーリー/ロードムービー『ワイルド・アット・ハート』。
デヴィッド・リンチ以外の何物でもない作風。ドギツイ性や暴力の描写は、ここでも健在。よって万人受けするような映画ではありません。
しかし、あくまで、デヴィッド・リンチとしてではなく、他の全ての映画の中での話であって、デヴィッド・リンチ監督の映画としては、デヴィッド・リンチらしさはありつつも、比較的とっつきやすい雰囲気が『ワイルド・アット・ハート』には漂っています。
デヴィッド・リンチ監督映画と言えば、過激な性や暴力描写もさることながら、難解極まりないというのが特徴ですが、『ワイルド・アット・ハート』は、『イレイザーヘッド』や『ロスト・ハイウェイ』、『マルホランド・ドライブ』、『インランド・エンパイア』などの難解な映画に比べると、圧倒的にわかりやすい映画です。
デヴィッド・リンチの難解で最終的に煮え切らずに後を濁すような独特の観客に対してのS的な世界感がたまらなく好きであるといったようなファンの方々には、ちょっと物足りない映画かもしれません。


ハリウッド・スター、ニコラス・ケイジのイイのか悪いのかアクの強い演技などは賛否分かれるところだと思ったりしますが、『ワイルド・アット・ハート』の挿入歌として使われているエルヴィス・プレスリーの『ラヴ・ミー』とか『ラヴ・ミー・テンダー』は、ニコラス・ケイジ自身が吹き替えなしで歌っているもので、この歌も非常にクセがります。
ニコラス・ケイジが着ている衣装の蛇柄のジャケットは、ニコラス・ケイジ自身の自前のジャケットで、撮影終了後に共演のローラ・ダーンにプレゼントされたんだとか。
デヴィッド・リンチ映画では他に『ブルーベルベット』や『インランド・エンパイア』にも出演している、ローラ・ダーンは体当たりの演技で新境地を開拓しています。
しかし、この映画の中で本当に凄いのは、ダイアン・ラッドとウィレム・デフォーの2人。主演の2人を喰ってしまうような、奇演・怪演は恐ろしいものがあります。(こういった在り得ないような在り得るような、微妙に気の狂ったような登場人物が現れるのも、デヴィッド・リンチの映画の特徴ですね。)
また、ドラマ『ツイン・ピークス』の、ローラ&オードリー役の2人、シェリル・リーとシェリリン・フェンが出演しているのも、『ツイン・ピークス』ファンにとっては嬉しいところ。


何よりこの映画の最大の魅力は、音楽。ハードロックやメタル調の荒々しい楽曲は、この映画との相性抜群。『ブルーベルベット』からデヴィッド・リンチの映画の音楽を手がけているアンジェロ・バダラメンティの手腕、功績は大きいですね。


この映画は結局、劇中でもかなりわかり易く触れられてるし、その言葉も出てきますが『オズの魔法使い』の現代版と呼べるものなのかもしれません。(現代版と言っても、はやくも25年も前の映画になりますが)
もしかしたら、デヴィッド・リンチの解釈で、『オズの魔法使い』の哲学に触れているのかもしれません。
『オズの魔法使い』は、アメリカの古き良き時代のハッピーなミュージカル映画という印象が強いですが、あの作品は、非常に哲学的なテーマを持った映画です。
クエンティン・タランティーノ脚本でトニー・スコット監督の『トゥルー・ロマンス』が好きな人や、オリバー・ストーンの『ナチュラル・ボーン・キラーズ』(原案:タランティーノ)などが好きな人や、映画の中でHM/HRが聴きたい人には強くオススメします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック