映画『セブン・イヤーズ・イン・チベット』ブラッド・ピット主演

映画情報


セブン・イヤーズ・イン・チベット
(原題:Seven Years in Tibet)

セブン・イヤーズ・イン・チベット.jpg
製作:1997年(アメリカ) ジャンル:ドラマ 上映時間:139分
監督:ジャン・ジャック・アノー 出演:ブラッド・ピット、デイヴィッド・シューリス、ダニー・デンゾンパ、ヴィクター・ウォン、and more…


【セブン・イヤーズ・イン・チベット】解説/あらすじ


オーストリアの登山家・写真家であるハインリッヒ・ハラーの自伝を映画化。チベットで過ごした7年間と、ダライ・ラマ14世の交流を描く。
1939年、第二次世界大戦の真っ只中、ヒマラヤ山脈への登山に向かったハインリッヒ・ハラー(ブラッド・ピット)は、インドでイギリス軍に捕まり捕虜となってしまうが脱獄。チベットにたどり着いた彼は、そこで幼いダライ・ラマに出会い交流するようになる。ダライ・ラマとの交流を通して人間的に成長していくハラーだったが…。


【セブン・イヤーズ・イン・チベット】映画感想/レビュー


真っ白なヒマラヤ山脈などの自然の風景や、チベットの情景は非情に美しい。(実際はチベットでの撮影ができず、アルゼンチンで撮られたもの。)
ジョン・ウィリアムス作曲による、ヨー・ヨーマの演奏が、自然の美しさとあいまってなお更美しい。
実話を基にした映画とのことでございますが、そこは主人公がブラッド・ピット演じるオーストラリア人の、子供の出産にさえ否定的な高慢な男ハインリヒ・ハラーだからか、目線は完全にハインリヒ・ハラーの目線であって、他の客観的視点を許さない作品となっておりますので、毛沢東の独裁政権とする中国は、それはそれは酷い描かれ方をしております。(よって勧善懲悪感は否めない)
実際、この映画は超アメリカ的目線であるが故に、中国からは大変な反感があり、中国国内では上映禁止となったといいます。これ観て中国に対するイメージが悪くなった人もきっといるころでしょう。
しかし、ここに描かれている中国が、嘘を描いてるとも言えないし、真実は真実であって、その過去を変えることは当然できません。
少なくとも1996年公開時の中国においては、その事実を認めることをしなかったということですが、事実を隠蔽するのと、認めて悔い改めるのとでは、だいぶ印象も変わると思うんですけれどもね…
と言っても、そんな隠蔽工作だったり、自らの国がしたことを認めないのは、中国に限らず、アメリカもそぉやし、他のヨーロッパ諸国だったりもそぉやし、ここ日本も同じことだと思います。
その点、色んな意味で考えさせられる作品でもあるかなと…
しかしそれにしてもブラピ男前やな!と…羨ましい限りです。
個人的には、ブラピの単体の演技で言うたら『12モンキーズ』とか『ファイト・クラブ』とか『イングロリアス・バスターズ』とかのようなキレキレの演技が好きなんでございますけれども、しかしこの『セブン・イヤーズ・イン・チベット』は、ブラッド・ピットの前に、ダライ・ラマを演じた子役の演技が素晴らしいです。
特に笑顔とか素晴らしいです。
そして、ハインリヒと、この子が出会って、高慢だったハインリヒも、無垢なまま高座に座らされている子供も、お互いを通して、大人子供の関係を超えてお互い成長していく姿には、感動を覚えましたね。。
子は親の背中を見て育つと言いますけれども、大人も子供から学ぶことは沢山あるのでございます。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック